今の時代は、さまざまなリスクに対して、やや神経質になってるのかな…と感じることがある。
もちろん余計なリスクに晒されたいと思ってる人は一人もいないわけだから、ある意味当然ではあるけれど。

ただ、ひとつ認識しておかないといけないのは、安全性の確保は、よりリスクの大きなものから順番に行っており、実際世の中は、おおむねその通りに動いてきてるというコト。

一人の人間が一生の間に晒されている、全体総量のリスクの絶対値は確実に減少しているというコト。

段階的に実施されたシートベルトの規制


たとえば、車の安全性確保に関して言えば、昔はシートベルトすら付いてない車もあったし、長きにわたって着用義務すらなかった。

それが、運転席を義務化し、前席を義務化し、今では全席が着用義務あり。

さらには6歳以下の子供を乗せる場合は、チャイルドシート等が義務化されてる。

いきなり全席&チャイルドシート義務化を実行したわけではない。
最も死傷率の高い運転席から規制を進めるのが、最も効率良くリスクを減少させられるために、そこから手がつけられた。

安全性の確保が名目であっても、いきなり全てに規制をかけることは望ましくはない。

急激な変化に対応できない人を、いきなり規制によって犯罪者扱いするのは、社会的にもよくない。

先を見据えた上で段階的にリスクに対応する必要があるというコト。

実際、交通事故における死者数はどんどん減少してきてる。
もちろんゼロにはならないですが。

食品への規制


これは食品に関しても一緒。

かつては日本でも、シャレにならない量の農薬散布が行われてたし、工業廃水は川や海に直に流されてたし、煙突にもフィルターなんか付いてなかった。
安全性の怪しい材料も、経済性を理由に食料生産の現場に持ち込まれて、そうした食品がフツーに流通してた。

たぶん、自分の年代は子供の頃、そーした食品をたっぷり食べさせられて育ってきたんじゃないかと推察してる。

その後、健康や食品安全への研究が進み、農薬の種類も使用量も減少し、排水、排煙には排出基準が設けられ、明確に健康への危険性が疑われた材料はどんどん生産現場から除かれてきてる。

研究によって確定した大きなリスクは、徐々に排除されてきて今日がある。

少なくとも、昔に比べれば、今の食品は安全だといえる。
もちろん比較論として。

小さなリスクも扱える時代


ちょいと前にも書いた農薬や、食品添加物の問題。
実際、量としては微量だ。

このテーマが、ことさら取り沙汰されるようになったのは、食品における主だった大きなリスクが一段落ついたからなのだと思う。

今まで、仮に全体で30%ものリスクがあった時代なら、検討する必要もなかった小さなリスク(例えば1%とか0.3%とか)も、全体のリスクが10%以下になってくれば、詳細に検討する必要が出てきたものだと考えてる。

実際、研究を進めるにあたっても、そうした小さなリスクを研究対象にするには、それなりの積み重ねが必要だ。
研究を進めるだけの基礎理論やデータの採取技術の発展がなければ、研究自体が進まないわけだし。

今の時代になって、ようやく手を付けられる…扱うことができる研究テーマになってきたと言える。

ゼロリスクはあり得ない


車の安全性確保においては、シートベルトやチャイルドシートに留まらず、エアバック、ボディ剛性の向上、衝突時のクラッシャブルゾーンの確保、最近では自動ブレーキなどなど。

かつては、必要性すら論じらなかった装備によって、以前であれば助けられなかった命が救われていたりする。

食品に関しても同様で、今現在、様々な食品への安全が疑問視されるものも存在するが、これに対して十分に科学的な裏付けが整っていくのは、これからのコトだと考えられる。

この分野、車の安全性向上ほど、目にみえる効果があるわけでもなく、研究自体が長期にならざるおえないわけだし。

ゆえに、かつての安全への研究や規制の進め方がそうだったように、これからも同じような行程で、コトは進んでいくはず。

とはいえ焦ることも、不安になることも何もなくて、ゼロリスク自体があり得ない話なのだから。

道を歩いてるだけで、転んで頭を打って死んでしまうリスクはゼロではない。
だからと言って道を歩かないなんて人はいないわけだから。

それでも、車にしても食品にしても、昔に比べれば遥かに安全だし、今後、どんどん安全が確保されていくのは間違いない。

せっかくリスク自体が減少してる時代なのに、その小さなリスクを過剰に心配するのは、精神安定上勿体なさすぎ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット