今月に入ってジロ・デ・イタリアの中継を見たくてJSPORTS契約して楽しんでおります。
サイクルスポーツだけじゃなくて、モータースポーツの中継も多いのですが、いくつかのレースが雨の中で行われていました。

モータースポーツは天候によって使用するタイヤを交換しながら行います。
晴天時、路面が乾いている時は「スリックタイヤ」という溝がなくて、めちゃくちゃスピードも出るし、カーブでも踏ん張ってくれる凄いタイヤを使用します。

雨の場合は「スリックタイヤ」だと溝がなく路面の間に水膜が出来るので、加速も減速もコーナーリングもへろへろになります。
なので、雨のレースは溝が掘ってある「レインタイヤ」を使用します。
「レインタイヤ」なら、晴天時ほどではないですが、雨の中でもそこそこのスピードで走れます

最初から晴れ、雨と決まってればこのチョイスは簡単なんですが、大変なのは、レースの途中で雨が降ったり、やんだりというケース。
この場合、レース中でもクルマをピットに戻してタイヤを交換します。

この交換タイミングは…見極めが非常に難しく、チームの力が試される場面となり、レース観戦の醍醐味のひとつです。
このタイミングを適切に見極めることによって、不利な状況から逆転で勝利するケースも珍しくないです。


これ、今のどっかの国の事情と似てますね~

今までは「スリックタイヤ」で全速力で走ってこれたんですが、今は間違いなく天候が悪化しているトコロ。そして今後、土砂降りの状況になるのは間違いなく。

うまく行ってないトコロは天候が悪化してるのに、いつまでも「スリックタイヤ」を履いたまま、へろへろ走り続けている。
一方、うまく行ってるトコロは、天候の変化に敏感に「レインタイヤ」に履き替えて、まわりのクルマがスリップしまくってる中を、すいすい走り抜けている。

というわけで、路面に合ったタイヤに早いトコ履き替えましよう~というお話。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット