本日発売の某OSのアップグレード版をダウンロードからインストールしました。

Windows8の特徴は、とにかくいろいろな部分でスマートホンの仕組みを取り入れようとしている感が強いトコロ。

今回のインストールも、Windows7動作中に、Webから購入→ダウンロード→インストールという流れがスムーズに実行可能でした。
このへん、スマホのOSバージョンアップに似た感覚です。
アップデート版の価格も今までになく低く抑えられてます。

そして各所で話題になっているUIについては、正直、この仕組の恩恵を受けられるのは、従来とは別のスタイルのPCでないと難しいだろうと思います。
タッチスクリーンがないとあまり意味はない操作系です。

結局、情報のチェックやコミュニケーションの主役は今や、スマホやタブレットに移っていますので、PCを利用する意義はじっくり腰をすえて作業をするケースに限られてきます。
一度アプリを起動してしまえば、そのアプリの操作に集中しますので、OSのUIの違いはあまり関係ないです。

いずれ前バージョンのWindows7が評判が良かったため、8の方は売上げ的には振るわないとは思いますが、それならばと思い切って、いろいろな意味で舵を切ったのかも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット