14年前の本日11月27日は、SEGAの最後にして最強の家庭用ゲーム機、ドリームキャストの発売日であります。
で、これまた電源入れてみたら…動いちゃいました。

思わずセガラリーなどプレイしてみたり。

当時、平塚に住んでたんですが、特に予約もせず、入荷したら買おうか程度に思ってたら、昼飯を買いに行ったコンビニに在庫があり、即購入した初期ロット品。
この頃の、デバイスの出来のヨさはほんと素晴らしい。

ちなみに、モニターの方も12年前に購入したSONYのWEGA フラットトリニトロン管。
液晶と、CRTの反応速度の違いは、理屈じゃなくて感覚です。
液晶モニターしか知らない、今の世代の子達は、なんで昔の大人が、こんなにゲームにハマりこんだのか理解できないんだろうなぁ。

その後、バーチャとか、エアロダンシングとか、ちょびちょびプレイして昔の感覚を思い出したりしてみました。
こーゆー感覚持ってるのは、自分と同世代の人間で、かつコアな人たちだけなんだろうなぁ。

そのうち、同世代集めて、うちで旧世代機(PS、SS、DC、PS2、XBOX等)だけの貫徹ゲーマーナイトでもやってみようかしらね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット