Skip to content →

ハタハタいただきました。ちょっとだけですが…

今朝、知り合いから電話。
「ハタハタちょっと持ってぐがら」って1時間後の我が家の台所。
まぁ、確かに男鹿で取引されるハタハタの量としては、「ちょっと」かも。

男鹿のハタハタの難点は、漁期が極端に短い上に、大量のハタハタが水揚げされるために、調理も処理もおおわらわです。
このへんを捌ききる、お母さん、お婆さん達のバイタリティは流石ですね。


— ads by google —

Published in 今日の男鹿 田舎でこそ活きる 雑記

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。