Skip to content →

Kindleアプリで未来の読書を体験

いまさらですが、Kindleから小説を購入。
といっても、Kindleハードを買ってきたわけではなくてiPadにアプリを入れての運用。

まだまだ課題が多いけれども、意外と快適なシステムが構築されつつあるというのが感想。
問題は品ぞろえと対応端末。あと紙の本との値段差。

ちなみにAndroid用のKindleアプリもあるのでこっちでも試してみましたが、実は予想以上にこっちも快適です。

もちろん表示はiPadの方が大きくていいんですが、iPadは電子書籍リーダーにするのはちょっと重すぎで。
手や首が痛くなりがち。
スマホは軽いうえに、表示も遜色ないレベルで、こっちで読むのも悪くないです。

にしても、重量という意味では現存のリーダーは、ほとんど落第じゃないかという気がします。
さらにKindleは、カスタマイズされた中途半端なAndroid端末であり、現状、コスト以外のメリットはそんなにないんじゃないかとも思ってます。
しかしAndroid、iOSのアプリは各電子書籍サービス揃ってきており、さまざまなサイズ、重量の端末が電子書籍リーダーになりえる現状、ちょっとおもしろい状況かと思って、期待してます。


— ads by google —

Published in デジタルデバイス

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。