Skip to content →

いざという時のための非常食を備える

去年から準備を始めた、非常用持出袋。
で、中に入れる食料を、いろいろ思案中。

3年とか5年持つような高価な非常食も売られてますが、そうすると用意したこと自体忘れちゃいそうなので、消費期限が1年程度の物を多めに貯め置いて、普段から食べられるようにしておくようにしました。
理屈はともかく、ようは非常用おやつの備蓄みたいな感じです。

で、今うちで置いてるのが写真の逸品。

まずは定番のカロリーメイト。
4本入りで400kcal。それでいて重量80gでサイズも小さいので非常食には好適。
日常的にスポーツする人なら、普段から持ってるでしょうし。

続いてナビスコリッツ。
カロリーメイトは味的に問題あるので、ちょっと美味しいのを。
これもカロリー効率は良くて、1箱ぶんだと681kcalで132g。
ちなみに缶入りで脱酸素剤入りの5年保存に対応したリッツもあるそうです。
最近はスーパーでも売ってます。アマノにもありました。
難点は美味しいので、つい食べてしまうこと。
非常時に備蓄されてるか微妙。

で、最後が3年保存に対応したグリコのカレー職人。
暖めなくてもオッケーのレトルトパックでパッケージ通りの常備用。
まだ試食してないので味はわからないのですが、グリコのですので多分大丈夫かなと。
問題はご飯の方をどうするか、でこちらはいろいろ探し中。
いいのを見つけたらセットで試食しようかと思います。

なるべく、普段の食事やおやつにもなるようなのを選んでおけば、非常時以外でも役に立つかと。

追記:
本文の翌日に、温めないまま試食してみました。
味は非常食としてならまぁまぁ。
冷たいままなので、カレールーの部分と、水っぽい部分と、分かれてる感じでした。
温めれば普段の食卓でも問題なさそうです。
って、それなら普通のレトルトカレーでもいいのかな…


— ads by google —

Published in いざという時のために

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。