Skip to content →

「お茶パック」を使って、リーフもティーバッグで楽しむ

前回に引き続き紅茶のお話。

ティーバッグが便利でお手軽なんですが、リーフティーに比べるとけっこう割高だったりします。
銀チャの場合は、ルピシアのお茶の福袋を購入して、種類問わず量を買ってるので、できればリーフティーもしっかり消費したい。

そこで活躍するのが「お茶パック」
小袋の中にリーフティーを適量入れて入り口を逆に折り返せば、後はティーバッグと同じに扱えます。
ただし、ポットの中で紅茶の葉っぱが上下に動くジャンピングはティーバッグではおきないため、あまり大きなリーフではなく、小さめリーフ、BOP(ブロークンオレンジペコ)タイプのものが適してるようです。

あと、「お茶パック」の中には、何となく漂白剤っぽい臭いのするのがあるので、そこは何銘柄か試してみるしか。
うちではトキワ工業のを気に入って使ってます。

ちなみに、この「お茶パック」、もう一つの使い方として乾燥剤を入れるという用途に活躍してるようで。
最近、Amazonのオススメ商品にシリカゲルが表示されます。


— ads by google —

Published in 雑記

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。