Skip to content →

キーホルダーで、いざという時に備える

山海の恵み豊富な男鹿半島で、ITと、自転車と、豊かなカントリーライフの実践めざして精進しております。銀チャです。

一昨年の大震災以来、日本はいつどこで被災してもおかしくないと言われるほど、地震活動が活発化しているのは、皆さん実感しているとおりです。

当然、自宅以外で被災するケースもあり、そうした時にも備えが必要だと考えます。

キーホルダーで備える

田舎で男鹿に暮らす以上、車での移動は日常の一部です。
(銀チャの場合は自転車での移動も多いですが)
そうした場合、必ず持ち歩くのは車のキー。
いざという時に、キーホルダーに少しでも役に立つ物をつけておけば、僅かですが助けになる可能性が増します。

ホイッスル

(キーホルダー後輪の上に付いてるの)
建物の下敷きになったり、密閉された場所に閉じ込められたり。
一人で脱出できないケースに陥った場合、外部の助けを待つよりほかありません。
そうした場合、大声を上げると声が枯れます。
その場合、こうしたホイッスルが役に立つ…はずです。

ミニライト

(キーホルダー後輪の下に付いてるの)
夜間、照明のない場所で被災した場合に、ライトは必需品です。
銀チャが使っているのはLED LENSER(レッドレンザー) V9というタイプ。
写真を見てもらえば分かるように、非常に小さいためにキーホルダーにつけてもほとんど邪魔になりません。
サイズには似合わない明るさは日常生活でも役立ちます。
ボタンを押している間だけ光るというのは、あくまで補助的な役割のライトなことは間違いないですが、何もないよりはマシです。
コストは800円程度ですので、この程度は備えたいです。

普段身に付けて、いざという時に備える

いざという時には、手持ちの機材だけで生き抜かなければなりません。
普段から軍隊のような重装備をするわけにはいきませんが、最低限の準備だけはしておきたいと思います。


— ads by google —

Published in いざという時のために 自転車

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。