山海の恵み豊富な男鹿半島で、ITと、自転車と、豊かなカントリーライフの実践めざして精進しております。銀チャでございます。

多くの方々が地域活性化という単語に期待するのは、産業の形成と、経済的な成功と、それに伴う人口の増加、ということではないでしょうか。
ですが、単純に商売の成功だけで評価するのは厳しいのが現状。
新しいライフスタイルを軸にした、新しい評価軸が必要になっていいます。

現状、行政主導の地域活性化



この役割に行政が深く関与する現状は、非常にマズイ状況です。
行政の場合は、商売として進めるわけにはいかないので、どうしても継続性がありません。
収益性を持つことも制限されます。
一部の世代の方々は、こういうコトは役所が責任持ってやらねばならね、と主張される方もおりますが、以上の理由から役所は責任を持って取り組むことはできません。

これは行政が悪いというわけではありません。
衰退している地方都市では、これに取り組む民間業者がいないのです。
本来であれば、民間業者がこの役割を担わなければならないのが明白でありながらも、民間業者にとっては、衰退しかかっている地方の市場は魅力がないのです。
確実性のある市場の独占には力を入れるものの、新しい市場の開拓にさけるエネルギーは僅かです。

最近は、さすがに行政ばかりが予算消化型の事業をすることがマズイと見たのか、NPOや民間団体、協議会等に予算を渡して事業を進めることが多くなってきています。
多少、以前とは違う動きが見えてくることもありますが、根本的には予算消化型の事業から脱却できてないように思います。
実際、自分もそうした事業に多少なりと関わっていることもあり、全てがマズイという訳ではないですが、うまくディレクションできるチームが仕切らないと、本当に無駄金になってしまう危険性は高いです。

地方活性化の事業に参加した人間が、そこからの触発されて、新しい事業を起こすような動き、または事業を起こしたいと考えている人が、活性化事業で経験値とネットワークを強化して、自らの事業に活かす。
そうした動きが望まれていると思われますし、個人的にもそうした動きを作り出したいと考えています。

今しばらくは、こうした事業の継続もあるとは思いますが、日本の経済の縮小に伴って地域活性化と呼ばれる事業への予算付けも縮小するでしょうから、今のうちに継続性のある動きを生み出せた地域だけが生き残るのだろうと予想します。

経済性以外のモノサシの導入



とはいえ、最初に話した通り衰退した地域の市場で事業を成功させるのは、かなりの難事業。
普通に考えても、都会でなら10店舗で競って3店舗は残ろうか、というような市場でも、田舎では3店舗で競って1店舗残るかどうか。
簡単にはいかないです。

ただでさえ才能のある人材は都会に流出してしまう状況ですので、ここでは、単純な商売の才能による経済性とは違うモノサシ(評価軸)で勝負をかける必要があるはずです。

地元のモノで勝負…がどこまで通用するか



アプローチとしては、徹底的に地元の産品で勝負をかけるというのはアリだと思います。
他所で仕入れたモノを、地域内で販売するような業態のパイはそんなに大きくありませんし、男鹿で言うならアマノやイトクあたりが、もうやっていますし。
地域の産品を、他所でも通用するレベルまで引き上げた上で、産品の販売なり、地域への人の流入を作り出す、というアプローチ。

勘違いするとマズイのは、地元産を活用するというのは、地元のモノに価値がある云々の話ではなく、流通などの各種コストを圧縮できるからです。
よく地域のお宝探しみたにな話をする人がいますが、はっきり言って、自分の地域で見つかるお宝は、他所の地域で見つかるお宝と大差ありません。
「おらほのいいところはコレ」みたいなのを見ると「そんなんどこにもあるじゃん」というのがザラです。

地元のモノに価値があるというなれば、他所に通用するレベルに引き上げられるヒトに価値がないと通用しません。
何を売り物にするかは、いつでも、どこでも難題です。
とりあえず、何かしらスタートを切るのが大事かもしれないです。

田舎のライフスタイルへの脱皮



ライフスタイルの構築にも工夫が必要です。
どちらかと言うと、こちらの方が重要かもしれません。

今更、都会でニューファミリーごっこがしたいというヒトはいないでしょうが、都会的なオサレで、ハイソ(どちらも死語?)な生活を夢見る向きには、早めに都会にいくべきでしょう。
都会には都会の苦しい生活もあるわけですが、運がよければ夢を実現するチャンスが巡ってくるかもしれません。
もっとも、がつがつ稼いでいくような生活をしたければ、すでに日本国内に留まる理由はないとは思いますが。

田舎で生活するなら、田舎のライフスタイルへの脱皮が必要です。
あえて「脱皮」と言ってみました。
都会的価値観からの一歩進み出た生き方を探る必要があります。

田舎にいる以上、都会並の現金収入を期待してはいけません。
どこぞの漫画家さんが言ってましたが、都会と秋田ではバイトの給料ひとつとってもぜんぜん違います。
現金収入が少なくても、やっていける体制の構築が要ります。

ただし、田舎だからといって物価が極端に安いわけではないです。
そればかりが移動に車が必要なために経費が、かかり増しになるケースすらあります。

山海の恵みと仲良くなる



海や山に語りかけて、という話ではなく。

山菜を採れるヒト、海藻を採れるヒトと仲良くなりましょう。
仲良くなれば、おすそわけをもらえる確立が上がります。
海や、山に一緒に連れて行ってもらえれば、自分で採れるようにもなります。
こうしたスキルはぜひ身につけないといけません。

当然ながら、こうしたスキルは年配の方が長けています。
一方的にもらうだけの関係は成り立ちませんので、積極的に年配の方々と関わる必要があります。
極端には、話し友達になるだけでも相手が喜ぶケースもあります。
そのほかの具体的なアプローチには言及しませんが、最近の年配者の方々には昔のような頑固なヒトは減ってきていますから、昔ほどハードルの高いことではないと思います。

同じように農家の方々と仲良くなって、お米を安く売ってもらったり。
出荷できない形の悪い野菜、果物をいただいたり。
ちなみに田舎でお米をやり取りする単位は30kgのJA袋ですので、腰を痛めないように体は鍛えておかないといけません。

ざっくり言うと、自給自足の世界の仲間に入れてもらう、というコトでしょうか。
これで、食費にかかるコストを圧縮するとともに、地域のネットワークに入れてもらえれば見通しは明るくなります。

ハイブリッドライフ



前回の更新で書いたような、小さなビジネスから現金収入を目指すライフスタイルと、今回書いたような自給自足のライフスタイルと、2つのライフスタイルをうまく組み合わせていく…言ってみればハイブリットライフが、これからの田舎で求められるライフスタイルと言えると思います。
逆に言うと、こうした地域特有のつながりを生かしたライフスタイルを活かしていけなければ、本当の意味での地域活性化もない、ということです。

そのあたりに気付いている、行政の人間は、なかなか少ないのではないかと思います。
何しろ、行政の方々には、それなりの収入が確保されてますし、都会的なライフスタイルのみで成立してしまいますから。
自分が関わっているNPOや、団体の中には、そうした動きに本格的な取り組みを進めているところもあります。
そうした動きに、自分もうまく呼応していきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット