Skip to content →

自転車好きなスマホユーザー必携 runtastic roadbike

たまにはデジタルデバイスのご紹介。

自転車好きにはたまらないAndroid/iPhoneアプリのruntastic roadbike
スマホのGPSや加速度センサーを使って、自転車で走っている位置、速度、高度をトレースしてくれるアプリです。
画面のセンスもよくて、表示される情報も的確です。

メイン画面は時間、速度等の数値と、マップ上の現在位置が表示されますので、サイクルコンピューター替りにも使えます。
ただし液晶画面を表示しっぱなしだと、バッテリーがあっという間に減っていきますので、通常は消して使うものだと思います。
そして、ライディング終了後は、結果がいろいろと表示されます。
メイン画面では各種の数値結果。
2013-05-22 09.57.05 2013-05-22 09.57.31

そしてマップ上に1km毎のマイルストーン付きで表示。さらに1km毎のスプリッドデータ。
2013-05-22 09.57.37 2013-05-22 09.57.46

そして速度と高度のグラフ表示!ヒルクライム好きにはたまらい機能。
2013-05-22 09.57.53 2013-05-22 09.57.58

さらに結果はHPにアップすることでWebでの確認できます。
こういうのを後から見ると、モチベーションアップにつながる画面。
runta20130522
ここでも1kmごとのマイルストーンも入って、位置を細かくトレースしてくれる機能は秀逸。
スマホの小さい画面に比べると、より詳細に結果を確認できます。
速度と高度のグラフも無料アプリとは思えないレベルで細かく出ます。
しばらく使って不具合でなければ有料版も買っとこうかと。

この日は、脇本を通って若美庁舎のトコロまで行き、最後に茶臼峠登ったところもきちんと出てます。
登りで速度ががっくし落ちて、下りで一気にスピード出てるのがよーく分かるます。
寒風山の下りとかだと、あまりお見せできない速度になってるんだろうな~

ちなみに早朝ライドの最中はアームバンドに固定してるので画面は消してます。
この使い方なら1時間に10%程度のバッテリー消費でしょうか。
丸一日のライドには持たないでしょうが、半日ぐらいなら余裕かと。


— ads by google —

Published in デジタルデバイス 自転車

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。