昨日は、お待ちかねの海上保安庁の巡視艇、PLH05「ざおう」の船川港での一般公開でした。

自営業のスケジュール調整特権を駆使しまくって、平日の昼間出かけて満喫して来ました。
いがったです。
DSC07945
天気も快晴!
会場には車で入れず、駐車場が遠いのでバスをご利用とありましたが、例によって自転車で行きましたので、岸壁の脇に横付けです。
DSC08012
「ざおう」のその勇姿!
かっこイイ!
これぞ正しい税金の使い道。
DSC07972
操舵室の中はいろいろな機材。
パネルの色が古い木造校舎のペンキの色を連想させて、泣けます。
DSC07999
航法システムは最新鋭と思いきや、思いっきりアナクロです。
考えてみれば、基本、日本近海以外に出張ることはほとんどない船ですので、そのへん遠洋漁船より簡素なのかも。かわりに、各種電算系システムがダウンしても、最小限の影響で切り抜けられる男のロマンはあります。さすが海保です。
DSC07974
前甲板には、不審な船を威嚇したり、撃沈したりの主武装が2つ。
20mmバルカン砲と、35mm機関砲。
使うわないにこしたことはありませんが、これが必要になる場面もあるということ。
これがあるおかげで、相手の反抗的なアクションを諦めさせられるということもあるはずです。
DSC08048
艦橋の前にあるパネルには、30年に渡って、日本の海を守ってきた証が刻まれてます。
DSC08041
後部の格納庫には、各種展示。
ペーパークラフトや各種パンフを配布、説明してくれてました。
そーこーしてる内に「うみまる」なるキャラの登場。
ダイビングスーツ姿が涼しさを連想させる秀逸なデザインは夏向きですが、中の人にとっても、それが同じかどうかは外からうかがい知ることはできません。
DSC08071
後部甲板には艦載ヘリコプター「せとづる」が搭載されてます。
船の速度、捜索範囲は限られますから、海上活動において欠かすことの出来ない目の役割を果たしてくれます。
DSC08080
あまり多くは書きませんが、こうした普段は見れない船舶の中を見れるのは、滅多にないですので、海フェスタの期間中、どこにいこうか迷ってる方は是非、出かけてみるのをオススメします。
DSC08100
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット