今日のエントリはグルメでどれだけ人を呼べるか、というようなお話。
こと食べ物のお話なので、嗜好は千差万別ということで、人によって考え方が別れると思います。
あくまで銀チャ個人の味覚と嗜好と特性に基づく見解ということで。

自分の食に対するスタンス



自分の味覚は、田舎育ちにありがちな、細かい味付けよりも、新鮮な素材の味を好む方向性だと思います。
ですが、和食も、洋食もそれなりに食べますし、年齢的にオイリーな中華はさすがに食べる機会が減りましたが、イタリアンの美味しいお店などでも、好き嫌いは少なく楽しめてるという意味では、極端に世間一般の味覚からは離れてないのかもしれません。
極端に甘いものや、極端に辛いものは苦手ですが、それはある意味、味覚が正常な範囲の中に収まっているとも思います。

幸か不幸か、何につけ新鮮な素材を入手しやすい男鹿半島に住んでいることもあって、新鮮な野菜や、海産物に関しては、割りと細かい味わいを感じ取れる味覚があるようです。
これは、幼い頃から、そうした食材を食べさせてくれら両親に感謝するところですが、今の時期ならオクラやトマトを、生で調味料なしで、美味しくいただけています。

食による町おこし



食による町おこしを掲げる、自治体や、関係団体は全国にたくさんあると思います。
ちょっと前のB級グルメのブームなんかが、その最たるところですが、現在はもう沈静化してるのでしょうか、あまり話題にあがるコトは少なくなりましたね。

もちろん経済効果はあるのでしょうが、やはりそれはB1グランプリで優勝したり上位に入った地区のメニューに限られる、というのもはあるのでしょう。
全国に数多ある、その他のB級グルメは苦戦してるのが実情のように思います。

銀チャもブームになってた頃は、よくイベント会場で見かけたB級グルメの屋台で食べてたりもしてましたが、今はそういうことも少なくなった感じです。
苦労して開発しているだけあって、不味いということはないですが、特別美味しいというケースも少ないと思います。
あくまでお祭りを盛り上げるための、手軽なファストフードに仕上げ直した郷土食というのが正直な感想。
メインのお祭り、イベントに興味がなければ、なかなか食べる機会は無くなりました。

あと、年取ったせいでしょうが、いっぺんに2つも3つも屋台でモノを食べるコト自体が少なくなりましたので、B級グルメが勢ぞろい的なイベントに出かけるコトはもうなくなってしまいました。
やはり、カロリー摂取量の多い若向けのアプローチということなんでしょう。

食事の満足度を決めるモノ



食事の満足度を決める基準というのは、味だけには限りません。
それこそお祭り屋台のワタアメや焼きトウモロコシあたりは、普段食べてもたいしたことないですが、お祭りで友達と一緒に笑いながら食べた記憶は、すごく印象深く残っています。
そうした楽しかった記憶が、お祭りがあれば出かけてみようか、と思わせる心理を生んでいると思います。
これは、リピーターの獲得の手法とも通じるモノがあると思います。

そうして考えると、楽しい食事の記憶を残す要素としては

・お店の外観、内装(可愛い、おしゃれ、懐かしい、近代的、etc)
・店主、店員の接客や人柄
・一緒に行った人との関係(家族、友人、恋人、上司、etc)
・食事の時の会話の内容

などなど、実は食事の味が占める割合は意外と小さいのかもしれません。
B級グルメには、お祭り的な状況での食事を提供するという役割はあるとは思いますが、全国的に飽和状態になりつつあって、他所との差異を見出すのが難しい状況であれば、こうした、味以外、メニュー以外の部分で満足度を上げるような取り組みも面白いと思います。
このレッドオーシャンでは、全体の9割以上が結果を出せずに終わるだろうことは明らかですし。

ちょっとしたアイディアとして、空き家になった古い家を少し改装して、少人数の食事会を開催するような試み。
改装された家自体は、様々なグループが借りられるような仕組みがにすれば、けっこう裾野は広いと思います。
食事の提供自体は、そこで調理するでも、ケータリングでも、または来てくれた人たちが自分で調理するでもバリエーションがあっていいでしょうし。
こうした取り組みで、様々な食事の体験をプロデュースできれば、リピーターの獲得には貢献してくれそうに思います。

言うほど簡単に実現できるわけではないでしょうが、いずれ現状のままでは厳しい部分があるのも確か。
どうせ景気の悪いこの時代ですし、新しい方向性に可能性があるのなら、向かっていくのは悪くないかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット