Skip to content →

自転車の事故対応

今日は、自転車のネタが続きます。

自転車ブームも一息ついた感じで、猫も杓子も自転車、自転車という状況からは変わりつつありますが、最近、自転車に乗り出して、まだキャリアが浅い自転車乗りの方々にも注意して欲しいポイントがあります。

それは事故への対応です。

車に乗っていても、歩行者としても、どんなに自分が注意をしていても、意図せず事故を起こしたり、場合によっては巻き込まれたりします。
特に、スポーツサイクルの場合は、かなりの速度が出ますので、万が一の事故の場合も予想以上にケガをしたり、最悪の場合は、相手の方に重症を負わせるケースもままあります。
こうした場合に、特に注意が必要なコトをまとめて起きましょう。

事故対応は自動車と同じ

一昔前であれば自動車と自転車の事故であれば、自動車側に責任を取らせるようなケースが多々ありましたが、現在はそうではないようです。

自転車がどこを走っていたか。
車道か、歩道か。
道路の右側か、左側か。
警察にも、保険屋にも、細かくチェックされるようです。

当然ですが、自転車は車道の左端を走ることが法律上義務付けられてるので、これに違反していた場合、自転車側にも事故の責任を取らされます。
つまりは自動車同士の事故と同様に、過失相殺に問われます。

もちろん、完全に車と同じというコトはないでしょうが、自転車の過失の程度によって、賠償額が減額される可能性はありますので、注意が必要です。

あと、自分が人にぶつかってしまった場合、これも車と同様に救護義務がありますので、すぐに相手のケガの状態を確認して、必要に応じて救急車や警察の連絡をするべきです。
放置して逃げたら、ひき逃げと同じですので、絶対にやってはいけません。

保険の加入

自分が被害者であった場合は、最悪、治療費さえ確保できれば何とかなりますが、逆に加害者であった場合は、相手への賠償が発生します。
先に書いたとおり、速度の出るスポーツバイクは、相手にとって原付もしくは中型スクーター並の衝撃を与えることも十分にありえます。

こうした事故の時に賠償金を払うための保険がいくつか出ているようなので、こうした保険には入っておいた方がいいでしょう。

日常生活での賠償を保障する保険や、道路上での事故を保証する保険、ほかにも自動車保険の特約で、自転車に乗っている時にも有効な特約など、形式はさまざまです。
補償金額や、交渉を代行する特約の有無、対象は個人か家族かなど、条件は保険によって様々ですので、よく調べてから加入するのがいいと思います。

最近、子供が起こした自転車事故で、母親に賠償を命じる判決も出たりしていますので、やはり家族ぐるみで入る保険がいいかもしれません。
賠償金額も5,000万円を超えるようなケースが出ていますので、数千万程度の保険では足りないかもしれません。

いずれ、交通規則を守り、保険に入るという、自動車では当たり前の状況に自転車もなってきたというコトです。
自転車が交通手段として、一般化してきたという意味ではいい傾向ですが、同時に責任も重くなってきたことをお忘れなく。


— ads by google —

Published in 自転車

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。