今週末、せっかくの3連休ですが、残念ながら雨の最終日になってます。

東海地方に台風が上陸して、気象庁からは、数十年に一度の災害を警告する、特別警報があちこちの地域で出されています。
この夏から導入された特別警報ですが、数十年に一度のレベルの大雨やら暴風やらが、毎週のように日本のどこかで発生してるというのは、豊かで温暖であるはずの日本の気象が変わってきたんだと、そういうコトなんでしょう。

東日本大震災から後、小さなレベルの地震の発生頻度も増加してますし、災害に対しての意識の持ちようは、今後変わっていかないといけない時代なんだと思います。

知人の先生にお聞きしたことがありますが、戦後から高度経済成長の時代にかけて、日本は安定した気象条件と地学的安定期にあったと言われていて、その時代に開発されてきた日本中のインフラや住宅が、これからの気象的、地学的不安定な時代に入り、さらにそこに老朽化が加わり、多かれ少なかれ災害による被害を被ることは避けられないんじゃないかとおっしゃってました。

だからと言って、急に引っ越したりはできないですが、自分の自宅や通勤・通学路、職場の近辺にどんな災害リスクがあるのかを知っておくことは大事だと思います。

大雨による洪水


短時間にとんでもない降水量をもたらす大雨が、今年は頻繁に発生しています。
さきほども、京都で起こった洪水の映像がニュースに流れていました。

近くに河川がある場合は、河川との距離と高低差は意識しておかないといけないです。
最近は河川の下流部は、洪水を抑えるための堤防が整備されるていますが、最近の大雨はその想定を超える量であることが多く、下流に行くほど危険度はあがります。
大きな河川ほど、上流域の雨が集まってくるわけですので、下流域での雨の量がたいしたことなくても、数時間後に、川の水位が一気にあがる場合があるようです。

男鹿では大きな河川はないので、洪水ということは滅多にないようですが、それでも小さな河川の水が溢れることはあるようですし、今日のような大雨が予想される場合は警戒が必要でしょう。
かつては、北浦の方で農業用の堰が決壊して犠牲者が出たこともありますので安易な考えは危険です。

また、比較的最近に造成された宅地の場合は、思っている以上に水が集まってくる場所もあるようです。
もともと田んぼであったり沢であったりした場所は、水が集まりやすい場所ですし、そこを埋めて家を建てたような場所は、他の家よりも浸水のリスクは高いはずです。

土砂崩れ


傾斜地では、土砂崩れのリスクにも警戒が必要です。
山を切り崩して宅地造成をしたり、道を作った場合は、多量の水を含むことで崩れることがあるのはみなさんご承知の通り。
男鹿には、無理な宅地造成をしてきた場所は少ないかもしれませんが、目立つ場所としては生鼻崎の道路が危険地帯ではあります。
ここは、もともと砂と泥が海底で堆積した地層が隆起して形成された場所ですので、土砂崩れの危険は常にある地域です。
かつては、この岬自体がもっと沖合まで伸びていましたが、度々崩れることで、今の岬になったとも聞きます。
国体の時に、両側2車線にするためにさらに崖を削ったこともあって、男鹿の中では最も土砂崩れのリスクが高い場所ですので、こういう台風の最中に通過する時は注意が必要ですし、急いでないなら茶臼峠を迂回した方がいかもしれません。

どこに住処を構えるか


災害のリスクはこれだけではありませんが、この2つだけを勘案しても、どこに住処を構えるかは難しい問題です。
災害への耐性だけで決めるわけにもいきませんし、実際、一度家を建てたなら簡単に引っ越すわけにもいきません。

ただ、防災工事の技術の発達が、ある意味リスクのある地域に家を建てさせるきっかけになっているのは意識しておいたほうがいいと思います。
例えば、防災工事の技術が発達していなかった頃は、川沿いに家を建てるということは基本的には無かったはずです。
それが、堤防であるとか、遊水池であるとか、地盤の嵩上げなど、様々な防災工事を施すことで、そうした場所でも宅地として利用されるようになってきました。
沢や、田んぼ、砂地などの地盤の弱い地域や、崖を削ったり、盛り土をした場所等も、同様に防災工事を施すことで、宅地なりの利用が進んできました。

ところが、ここ数年の降雨量や地震の頻発というのは、工事をした時点では想定できておらず、また、それに老朽化が進行しているとなって、日本じゅうのかなりの地域の家屋が、ちょっと前では考えられない災害のリスクの上で生活せざるおえない状況に置かれています。

今後、田舎では人口は急激に減少していくコトを考えると、新たに造成した土地に家を建てるよりは、比較的防災面でのリスクの少ない、昔からの家をリフォームするというような住み方が出てくるような気がしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット