賛成派と反対派


世の中、いろんな物事に賛成派と、反対派に分かれて色々と議論なり、対立されたりという光景は日常茶飯事。
例えば原発反対とか、原発推進とか。
他にもTPPであるとか、移民受け入れであるとか、さまざま。

中でも、今まさにホットで重要なお話の中に、原発の問題とかあるわけです。

基本的に銀チャは、テクノロジーの進歩によって、人類は進んでいけると考えているタイプの人間なので、原子力という技術に対して根本的な反感というのはないです。
うまく折り合いをつけて使えるものなら有効活用するにやぶさかではないですし、どうにも扱いきれないようなら、大学の倉庫あたりに研究資料とまとめて仕舞っておいた方がいいとも思いますし。

その意味では原子力は、仕舞っておいた方がよかったんじゃないかと思える技術だったのかと思ってます。
とりあえず個人の感覚として。

あきらめ派


唐突ですが、ここに新たに「あきらめ派」というポジションを作りたいと思います。

賛成、反対で意見を交わすことは重要ですが、それ以前に認識しておかなければならないお話として、日本においては原子力発電は既に稼働して久しく、既に大量の放射性廃棄物やプルトニウムが国内に存在していること。

この事実に関しては、賛成も反対もなく、どちらの意見であっても、あきらめて対応せざるおえない、というコト。

賛成派にしても、放射性廃棄物やプルトニウムを、今のような危険な状態のまま六ケ所村や原発敷地内に放置しておくわけにもいかないでしょうし、反対派にしても、既にある廃棄物等を安全に処理できなければ、原発を止めたってリスクは何も減りはしない。どちらの意見の支持者であっても、安全な処理をめざして動かざるえないというコト。、

どっちにしろ、厄介な廃棄物等を処理しなきゃならないのだから、議論することにリソースを割くよりは、処理のためにリソースを費やした方が得策。
対立するより、まずは対処しないといけない。

どう処理する?


ちなみに、本論じゃないですが、どう処理するのって考えると、多分地中深くに埋めてしまうというのは不十分。
埋める深度を間違えなければ、たとえ地震等の影響で容器が破損したとしても、地表に影響がでることはないでしょうが、プルトニウムの半減期でみても2万4000年という単位で考えると、普通の地震で済まない変動も考慮に入れないといけない。
火山活動で、地下のマグマの噴出と一緒に地表に出てきてしまったりするとフク1と変わりないような事態になるわけなので、地中埋設だけでは不十分なのは素人にもわかるコト。

個人的な妄想としては、はるかに技術が進歩した時代に、原子核を直接弄って、放射性物質そのものを、安定した物質に変化させられるようになればいいのかもしれないですが、そのころには原子力発電なんて及びもつかないようなエネルギー源ができてそうな気がする。

かようによいでない課題のはず。

他の課題に関しても同様


話それましたが、そのほかの様々な課題に関しても同じです。
それぞれの意見に関して、原理的に主義主張を通していこうとしても、それは宗教対立のようで、お互いに相容れない議論にしかならず、結局解決できない。

それぞれの意見を踏まえた上で、解決しないといけない課題は何かをちゃんと認識しないと、議論好きな人の自己満足で終わっちゃいかねないわけですよ。

対立するより、あきらめて対処してかないと。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット