昨日、自転車仲間の日本酒会にお呼ばれしまして、久しぶりに男鹿線に乗って秋田駅前に出かけてきました。

時刻表の関係で、少々早めについたんですが、今の秋田駅前だと、わざわざ行かなきゃってお店がほぼないんですよね…

でもって、ふっと思い立ったのがヤマハミュージック秋田店。

実は、EWI4000sの練習再開してから、ずーっと気になってたコトがひとつありまして。

EWI4000sに付属(だったかな?)のストラップ、長さの微調整が非常にやりずらい。
ストッパーを緩めて、長さを調整する仕組みなんですが、何度やってもうまくいかなくて、結局妥協して練習に入る…みたいな時がけっこうありまして。

EWI4000sは、ストラップはアルトサック用が使えるはずなんで、なにか良いものないかな…と、ちょっと寄ってみました。

このお店も昔は電子楽器豊富に扱ってたんですが、今は管弦楽器とピアノ、エレクトーンの専門ショップになってます。
少々さみしいとこではありますが、まぁ仕方ない。

ただ、ストラップの店頭在庫は数種類ほど。
もうちょっと種類があるのかと期待してたんですが、それほどでもなく。

いちおう定番BGのスタンダードタイプのものはありましたので、そちらを求めてきました。



でもって、今日さっそく装着して演奏してみましたが、なるほど、これはなかなかに使いやすい。

フック側から引っ張った時はビクともしないので、演奏中に楽器が下がったりすることは一切なし。



でもって、ストラップをまとめてるプラスチックの部品を握って引き上げると簡単に短くできすし、楽器を軽く持ち上げた状態で、クイックイッと下げてあげれば微調整も容易。

ストラップを首から外そうとすると、簡単に伸びちゃう仕組みなので毎回調整することになるとは思いますが、それでもこんなに簡単に調整できるなら問題なさそう。

着てる服の襟元に合わせて、素早く調整できそうです。

まぁ、こーゆーのは体に上手く合わせられてこそ意味があるものなんで、付属のストラップで上手く調整できないな~って感じてる方は、早めに自分に合ったものをチョイスした方が良さそうです。

スタンダードタイプのものなら3,000円程度ですしね。


--- ads by amazon ---








このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット