いま話題の呉服業界。

うちは母親がお花習ってたりするので、けっこうな数の着物あるんですが、そんなにお金かけてません。

今より若いころは、呉服屋さんから「一生モノ」みたいなセールストークで買ったこともあるみたいですが、今の主たる購入店がハードオフですから。

呉服屋さんで新品買うのに比べると、0が二つほど少ない金額で買ってきてます。

そのおかげか、あまり勿体なさげに気軽に着てるようです。

今の呉服業界に必要なのって、これなんじゃないですかね。
たぶん。

高級品だけでは文化は衰退する
今は高齢のお金のある人や、華道、茶道を習っている人、あとは成人式の振袖など、着物を着る人が酷く偏ってる。
結果として、高価な着物しか流通、販売されてない。

値段が高ければ、お金のない若い人は着物を購入しないだろうし、若い人が着なければ業界が先細りになるのは間違いないし。

衰退してるべくして衰退してる…って感じです。

もっと気軽に着れる、少々汚しても傷んでも、あまり勿体なくないような着物って必要ですよね。

別に、今の若い人が着物離れしてるとかいう話じゃなくて、綺麗な着物で成人式に出てる人たちってみんな楽しそうですしね。

着物を着る文化を育てなおす
・もっと安くて気楽に着られる着物を潤沢に提供するコト。

・普段から着物を着る人(特に若い人)を増やしていくコト。

・着物を着て出かける文化を醸成できる催しを増やすコト。

今は、呉服業界が衰退しているというよりは、「着物を着る」文化自体が衰退しているという深刻な状況。

立て直していかないと無くなります。

まぁ、市場規模に対して、ものすごい在庫を抱えているような話も聞こえてくるので、ことは単純ではないとは思いますが、余力のあるうちの取り組まないと業界ごと消滅しかねない。

今回の事件で注目を浴びてしまったことを、良い意味で逆手にとっていければいいんじゃないんですかね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット