お酒が飲めるかどうかは、基本的には体質だ。

いくらでも飲める人
いくらか飲める人
全く飲めない人

これは、ほぼ生まれつきで、練習したから克服できる話でもない。

飲める人は飲めばいいし、飲めない人は飲まなくていい。

ただ、日本の飲み会って「飲める人が偉い」的な雰囲気があって、そのへんは苦手。

まぁ、田舎で自営でやってると、その機会自体が激減しますけど。

飲み会はストレス発散の場じゃない


際限なく飲んで、へべれけになっても、自分は許される…お酒飲んでるんだから、ちょっとはしゃいで騒いじゃうけど許してね…的な認識がどっかにある人がいると、飲み会に妙な雰囲気が漂う。

別に酒宴は、その人のストレス発散のために開いてるわけじゃない。

何か凄く悲しいコトがあって、今日だけはお酒の力で忘れたい…みたいな事情があれば酌量はするけど、飲み会の度に、ガヤガヤ騒ぐのが習慣になってる人とは離れた席に座りたい。

というか同じ宴には出たくない。

せっかく高い金払って、お酒飲むんなら、出席した人みんなで楽しみたい。

お酒をツールにする


一緒に呑んでると、ほどよいペースで、妙に騒いだりせず、言動がさらに冴えわたる人もいる。

お酒を飲みながら人とのコミュニケーションを楽しむような人。

お酒をツールにして、人付き合いを潤滑にする人。

そーゆー人が知り合いには何名かいて、その人たちとはたまに一緒に宴を設けたりする。
まぁ、そーゆー人とはお酒じゃなくて、珈琲でも、食事でも、何でも楽しいんですけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット