今朝の地元新聞のトップニュースはハタハタ不漁。

秋田だけに限らず、山形、そして青森までもが不漁だったそうな。
漁場が北に移ったということでもなさそうなので、コトは深刻。

大きく変わる日本海
去年、サイエンスZEROとかでも取り上げてましたが、日本海っていうのは大陸と日本列島に囲まれて、外と繋がる海峡も限定的。
海の環境に大きな影響を与える、深い海の底を流れる海流も、日本海の中だけで循環してる。

ミニチュアオーシャンと呼ばれていて、温暖化の海洋への影響が顕著に出やすいので、モデルケースとして研究が進んでるらしい。

海水温の上昇(水面近くより、海中の方が温度上昇が早い)も、太平洋側よりも影響が出るのが早い。

海の中に溶け込む酸素量の減少、海底の海流の速度が減速していたりと、水面近くの海を見てるだけでは分からない大きなスケールで、日本海の環境が変化してるのは間違いないらしく。

日本海に棲む深海魚のハタハタへの影響は小さくはないことが想像される。

ハタハタの接岸条件
原因は、そりゃハタハタに聞いてみないと分からないんだろうけど、大きな要因に海水温の上昇ってのはあるんだろう。

ご存知の通り、雷が落ちて、天気が荒れて、海水温(もちろん気温も)が下がらないとハタハタは接岸しない。

人間にとっては、漁港周辺の海の温度しか実感できないけど、ハタハタにとっては、普段の住処である深海から産卵場所の沿岸まで、水温の低いルートがなければ接岸することはないはず。

上に書いたように、大きなスケールで日本海(特に深海の方)の環境が変われば、接岸するハタハタの動きに大きな影響が出るのは当然なのかもしれない。

まぁ、あくまで推測です。
たぶん、この先、詳しい研究が進んでいく。

先の見込み
漁獲量の回復は難しいかも。

海岸の環境(産卵場所の藻場など)の悪化、資源量(この単語イマイチ定義ははっきりしない)のバラツキとかは、人間の側の取り組み次第で回復することもあるだろうけど、日本海全体で変化が起こっているなら、それは人間にはどうしようもない話。

この先、底引きはともかく沿岸漁は、厳しい。

今は、その変わり目…昔ほど流通はしないかもしれないけど、大事な食文化、大切に食べていきたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット