Skip to content →

サイクルコンピューターはもう要らない

2014-03-26 16.08.13最近サイクルコンピューターに必要性をあまり感じなくなってきました。
実際、手持ちの3台のうち装着してるのは1台だけ。
その1台も、速度や距離を見るというよりは、時計を確認する程度にしか使ってない…

これはいったいどうゆう訳かと申しますと。

スマホアプリの充実

理由はスマホのアプリで、サイクルコンピューター以上の情報を入手できるようになったからです。

スマホのGPSを使えば、位置情報をリアルタイムで取得可能ですし、その情報から移動距離も速度も分かります。
さらに高度も計測できますから、ヒルクライムマーの方々にもオススメ。

今年からSTRAVAを使用中

昨年ぐらいからRuntastic roadbikeというアプリを使ってましたが、今年からはSTRAVAというアプリに変更しました。
まだ変更したばかりで、UIおよび記録用のWebサイトが英文なので、、まだまだ使いこなせていないのですが、非常にシンプルなWebサイトはなかなかセンスがよく好印象。

iOSにも、Androidにも対応してて、STRAVAのサイトにアップロードすれば、Webサイトからライド記録をチェックできますし、友人のライド記録もチェック可能。
多分、他にもまだ機能があるはずですが、まだ使いこなせていないので、それは後日。

ちなみに乗り換えたのは、友人のライダー数名がSTRAVAを使っているということで、お互いにライド情報を共有して、刺激しあえるんじゃないかというのが主な理由。
機能的にRuntasticが劣るようなことはなさそうです。

ただ、Runtasticは有料会員へのお誘いが少々鬱陶しいのもあったので、いい機会でした。
今年は、STRAVA使って、乗りますよ!

strava


— ads by google —

Published in 自転車

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。