【読み】ひとのふりみてわがふりなおせ
【意味】他人の行動を見て、良いところは見習い悪いところは改めよということ。

前回、余所の方言ソングを聴いて、これは外の人には伝わらんわ~っていう結論に達した自分ですが、まさに「人の振り見て我が振り直せ」です。

なんとなく「振り」という言葉と、前回書いた「旗」という単語が繋がってるようで、ちょっと気に入りました。

さて、このコトワザって、けっこう難儀なコトをさらりと言ってますよね。

「良いトコロは見習い」と「悪いところは改めよ」という2つの大きなタスクを、大雑把に一つのコトワザにまとめてるあたり、なかなかに重みのあるコトワザです。

「悪いところは改める」のは簡単


悪いコトをしないと決めて実行するだけです。
例えば、無駄遣いだとか、食べ過ぎだとか、そーゆーのはその行為自体をやめる基準を設けて従えばいいだけですので、非常に簡単です。

「良いトコロを見習う」のは難しい


というのも、何が「良いトコロ」なのかは、環境によって全く異なるケースが珍しくない。
良かれと思って実行したことが、相手にとっては迷惑でしかない…なんていう話は枚挙にいとまがありません。

人の行為が、「良いトコロ」という評価を確定するためには、その環境によるパラメータ変化をしっかり勘案した上で、初めて「良いトコロ」と言えるのであって、あらゆる局面で「良いトコロ」と評価される行為なんてない。

もっと言えば、すべての「良いトコロ」は、個別の環境によって全く異なるというのが正確かもしれません。

不変の「正義」が存在しないのと同じように、不変の「良いトコロ」というのも存在しないのかもしれません。

まぁ、こんな面倒なコト考えてないで、年末の大掃除しないといけないんですが、とりあえず掃除を上手な人のやり方は見習おうかと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット