2014年05月

物事に取り組む時に、自分が関わるべき領域と、関わるべきでない領域っていうのは、きちんと整理してとりかかるべきです。 何にでも関わっていくという姿勢ももちろん大事ですが、自分が主体的にエンジンになって推進する領域と、あくまでお手伝い/サブとして誰かの指示で動 …
続きを読む

前回の「鯛まつり」に関連して考えていたことに関して、もうちょっとだけ触れておきたいです。 他所のブランドやキャンペーンに、便乗、タダ乗りしていいのか、ということ。 たとえば、今まで毎年恒例のキャンペーンを開催してきた人たちにとっては、勝手にそのキャンペーン …
続きを読む

いきなり他所のコトを、それも断定形で申し上げたりしてますが、もうそうするすしかないですよ。 やっぱりダメだったなかいち なかいちから食料品扱う店が次々と抜けて窮地に立ってるのは、みなさんご存知の通り。 それに対して「やっぱりね。そうなると思ってた。」と話す …
続きを読む

あちこちの地域で、域内での小さな動きや取り組みが、ちょこちょこと見えてくるようになってきました。 見込みのあるもの、見込みのないもの、さまざまあるでしょうが、中には行政や行政的セクション・団体と一緒に動いているところもあるようです。 ただ、こうした取り組み …
続きを読む

日本一の少子高齢化を突き進む秋田県。 中でも若年女性人口の大幅減少が予想され、たぶん県内の市としては最初に消滅の危機に瀕する男鹿市。 都会に住んで、ビルのオフィスに住んでる人にはお伽噺にしか聞こえないコトも、いざそこに住んでみると、末期症状が少しづつ出始め …
続きを読む