タイトル通りでございます。

参加された方々。
手伝っていただいた皆さん。
食事や休憩所を提供していただいた皆様。

本当にありがとうございました。

なんとか形がついてきたCAO


サイクルアクティビティ男鹿(CAO)は、今年8回目で、3年目の通算で14回目になりますが、ここ3回ほどの間に急に参加者が増え始めまして、今回は22名の参加となりました。
今年は、あと1回残してますので、のべ人数にすると今期100名近い数になりそうな感じです。
これだけのヒトが、男鹿に自転車を楽しみにきてくれたのは、本当にありがたい。

当初は、ほとんど身内の走行会みたいな感じで、あっちに迷い、こっちに迷いという感じで模索しながらの開催でしたが、まぁ、続けてみるもんです。
今の形が完成型というわけではないですし、まだまだこれからどうなるかは全く分かりませんが、とにもかくにも継続していかないと…というトコロまでにはたどり着いた気がしてます。

男鹿半島と食事


たとえば男鹿半島を自転車で楽しもうした場合に、一番困るのは食事です。
当たり前の飲食店やコンビニがあるのは、船越から船川にかけての一部の地域だけで、自転車で楽しむのに適した地域に、ヒトを連れて行って喜んでもらえるお店が極端に少なかったのは事実。

よく自転車雑誌なんかで、ケーキ屋さんめぐりとか、小銭を持って行けばコンビニで補給ができるので荷物を減らせますよとか載ってますが、男鹿半島では全くあてはまりません。

そこに珈音、ににぎ、ケ・セラ・セラと、ここ数年の間に立ち寄れるカフェが揃ってきたのはCAOを開催するに当たって、非常にありがたいコトでした。
3店ともに、建物の感じ、マスターの人柄、メニューの味、どれも満足のいくレベルのモノ提供してくれます。

今期も、何回か立ち寄らせてもらいましたが、参加者さんの反応も上々です。
今後もCAOでも利用させてもらいますし、気に入っていただけたのであれば、参加者さんが個人的に男鹿半島に遊びに来たときにでも、ぜひ立ち寄っていただければと思います。

補給食ってスイーツだね


今回の男鹿一周では、食事は補給食でまかないました。
自転車乗りの補給食と言えば、バナナ、あんパン、ヨウカン、ゼリーとかそのへんが定番ですが、それだけではあまりに魅力に乏しいと思って、お二人の料理のスペシャリストの方に、甘くて、高カロリーで、食べやすいサイズの特製補給食をお願いしました。

それぞれ工夫をこらしたパンケーキ、マフィン、ヌガーと味も、機能性も、携行性にも優れたメニューを提供いただきまし、参加者さんの反応も予想以上のいいものでした。

IMG_0645

自分が、食べた直後に思ったのは「補給食ってスイーツでいいんだ」というコト。

このあたりに、そういうスイーツを提供するお店がほとんどないコトもあって「スイーツ」という切り口で企画することが今まではなかったわけですが、なければ作ってもらえばいいんだ…という単純なロジックに初めて思い当たったのは、美味しい補給食を食べられた以上の、収穫でした。

いや、もしかすると自分以外のスタッフは初めから気付いてのかもしれないですが、自分は補給食の打合せをするときも最低限のリクエストをお伝えしただけで、ほんとうにお任せで依頼してしまったので、食べる瞬間までそこには思い当たらなかったという…まぁ、やってみるモノです。

まとめ


とはいえ頼んで作ってもらうにしても5,6個程度では、試作の手間暇含めれば全く採算に合いませんので、今回のように20名以上の分量をお願いできると言うことで、ようやく回せる話なんだろうな、というのは思います。
それは加茂青砂でBBQの準備・調理をスペシャリストの方にお願いした時も同様。
ある程度、参加者を集められるコトが、最初に必要なのかと思います。

CAOに関しては、昨年の4回から、今年は9回に増やしましたが、それはとにかく回数をこなしてトライ&エラーの中から最大限のフィードバックを得たいから。
おかげさまで広報的な意味でも、よい方向に出まして参加者の増加に繋がりました。

今後も、CAOの中では、これで定番という決めつけはなしで、今回はここを変えてみようとか、次はこのあたりを試してみようというのを続けていきたいと思います。

CAOをやめる気は全くありませんが、CAOだけが自分の目指すモノではないです。
もっと男鹿半島を自転車で楽しむためには、もっと違うスタイルもあっていい。
来年は、CAO+違うスタイルの何かも始められればと思案してるトコでもあります。

以上
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット