Skip to content →

Bluetoothスピーカーを車載してロングドライブ

今日の遠出は家族の車で。

オーディオがCD/カセット/ラジオに限定されるのは少々つらいので、手持ちのSONYのBluetoothスピーカーを持ち込みんで、ダッシュボード上に設置。
スマホから接続して、まる一日のドライブで活躍してもらいました。

カタログは日よけで特に意味はないです。

結論から言えば快適でした。

もともと車内環境っていうのは、オーディオ鑑賞に適してるわけじゃないです。
ロードノイズ、風切り音、足元に向けて設定されるドアスピーカー、シートやら吸音材やらに吸われる音響、偏ったリスニングポジションによるステレオ感のなさ。

もともと大したことは無いですし、だったらこのタイプのBluetoothスピーカーでも十分にいけるんじゃないかと予想してましたが、だいたいその通り。

音がきちんと前から聞こえてくることと、スピーカーの高さがちょうど耳の高さなので
高音がすっきり聞こえてくるコト。
贅沢いわなきゃこれで十分というレベルは確保してくれました。

バッテリーの持続時間は12hを確保してるので、まる一日充電なしでも使えますし。

難点は、スマホのバッテリー消費が通常よりは早くなること。
それほど消費するって感じじゃないですが、通常の2割ぐらいは使ってるかも。

あと、アプリを終了せずにたくさん立ち上げてると音飛びがしやすいので、なるべく頻繁にアプリを終了させとくこと。

このあたりが気になるようなら、SONYのWALKMANを入手してBluetooth接続するのも良い選択かも。
LDACコーデックによる高音質接続もできますし、最新のAシリーズはmicroSDカードにも対応してるらしいので、ライブラリまるごと収納するのも問題なさそうですし。

まぁ、常時設置すると直射日光によるスピーカー本体の劣化というのはありそうなので、もし頻繁に利用するのなら、Amazonあたりで売られてる安めのBluetoothスピーカーあたりで試してからのがいいかも。

SONYやJBL、BOSEあたりをこの用途で使うのは、スペック的にも、コスト的にもやや過剰。

— ads by amazon —


— ads by google —

Published in デジタルデバイス 雑記

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。