これしかない!ってな話する人いますけど、たぶん上手くいなかいですよね。

田舎に住んでる人に「話は分かるが、そう簡単に住み慣れた土地を離れられない」って言われたら、どう説得すればいいんでしょ?

そんなの感情論じゃないか…っていうかもしれないですが、感情を納得させるっていうのが一番難しいし、感情を無視すると、一番話がこじれるし。

結局、先祖代々とかそーゆーコトとは別に、自分が住んでる土地っていうのは、単純に家があるってだけじゃないですから。

まわりの景色や、田畑、近所の住人などなど、自分ひとりだけでない様々なモノから構成されててるんで、それは簡単に代用できるもんでもない。

都市部に家を用意しました…っていうだけでは話にもなってない。

実際、住宅コストの高い日本で、住みかえに関わるコストを誰が負担するの…って考えると、そもそもコンパクトシティって実現可能なんでしょうか?

田舎の一軒家から、安い都市部のアパートに住み替えろって話なら、それはあまりに乱暴だし。

自分が、仮に秋田市に住み替えろって言われても、近所に寒風山がない土地に住むなんてゾッとしません。

都市部の人にはメリットはあっても、田舎住まいの方々の感情を無視した施策に可能性はあんまり感じないです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット