いろいろ調べたり、話を聞いたりすると、大きな観光地というのは、どうも「一見さん」をメインに考えているところが大多数であるようです。
そのサービスクオリティは一定レベルに留まるものの、その規模から十分な利益を確保する。
まぁ、理屈の上では成立します。
うーん、全部が全部じゃないでしょうが、ちょっと意外だったかも。

小さな観光地の暗い未来


どんどん人口が増える時代で、次々と人が訪れる大きな観光地であれば、それで何の問題もないでしょうが、残念ながら、今の日本の多くの観光地では、そうではなくなりました。
今後、このやり方が通用するのは、海外からの観光客を期待できる大きな観光地だけで、地方の観光はそこをモデルにすべきではないのは自明。
訪れてくる人の数が減っていくのを前提に、そこに高い質のサービスや体験を作りこんでいくことで、質の高い観光地として再生しなければ、暗い未来が待っているだけです。

観光に関わるべきは民間の力


もちろん、そういう認識を持ってる地方は多数あるものの、そのための何をすればよいかわからないまま右往左往してる状況なんだと思います。
特に、行政が先頭になって観光に力を入れてる地域は厳しいと思います。
行政まかせにしていても、効率的なリソース配分や、継続的なサービス開発は進みません。
従来の観光の延長線上には、もう未来はないのですから。
リピーターを獲得するための施策は、どんなに税金をつぎ込んでも成果をあげるのは難しく。
行政や、商工会や、観光協会のような団体がいくら旗を振ってもどうにもならない。

そうではなくて、観光に直接かかわる人達が、来てくれた観光客とどのような関係性を築くかが最重要事項。
そこに予算の多寡はあまり関係ありません。
今回お金を払ってもらえれば次はどうでもいいと思っているようなら、それなりの接客になるでしょうし、何度でもここに来てほしい、また自分のところに来て楽しんでほしいと思っているのなら、それは接客に現れます。
その結果がリピーターの獲得に大きな役割を果たすと思います。

迎える側の人間と、来てくれる人間が友達のごとく接することができる関係性の構築。
その意味では「お客様」という、せっかく来てくれた方と距離をとるような考え方は、もう古いのかもしれないです。
もっと、近い関係性に引き入れて、懐の中に迎え入れる覚悟が観光を進める地域の人間には必要になってくると思います。

男鹿もかつては、ほっといても観光バスがひっきりなしに訪れる一大観光地でしたが、残念ながら、道路や公共交通機関
の発達によって、他所との激しい競争にさらされ、非常に厳しい経営が続いている施設は少なくないです。
ジリ貧の状況に甘んじて徐々にフェードアウトをしていくのか、それとも、覚悟を決めて小さいながらも訪れてくれた方々と新しい関係性を築いていくのか。
ここらが、ターニングポイントな気がしてます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット