スポーツには大まかに2種類あって。

競うスポーツ。

楽しむスポーツ。

どっちがいいという話ではないですが、より重要なのは「楽しむスポーツ」のほう。

なぜかって、これがないと国が滅ぶから。

そして残念ながら、この国では圧倒的に足りてないのも「楽しむスポーツ」のほう。

膨らむ医療費の原因


この国では、医療費が年々増加してるのはご承知の通り。

毎年1兆円近く増加してて、H25年の医療費総額40兆円ほど。

国家予算の半分が医療費って、根本的に間違ってるって、誰か言ってくださいよ。

高齢者が増えてるんだからしようが無いというのもありますが、より正確に言えば「病気の高齢者」が増えているというコト。

さらに言えば、高齢者でなくてもガン、心臓病をはじめ「高額な医療費が必要になる病人」が増えているのも要因の一つ。

全国の健康保険組合はどこもここも赤字経営で、自己負担3割(高齢者は1割)なんていう皆保険制度がどこまで維持できるか怪しい状況。
収入(保険料)が減る一方なのに、支出(医療費)が際限なく増えるんだからどうしようもない。

ここを何とかしないと、国が滅びます。

健康になるしか無い


解決方法は、ごく簡単。

みんなで、可能な限り健康になるしか無い。

健康になって、病院に行く回数をなるべく減らし、重篤な疾病(医療費が高い)になる要因をなるべく減らし、薬を処方される量をなるべく減らす。

理想は、医者要らずな生活になれればいいんですが、将来はともかく、今すぐにそーゆーわけにもいきませんので、各人がそれぞれ、少しづつ健康になる方向で。

食生活や飲酒・喫煙、ストレス、睡眠時間、過重労働など、重要なファクターはありますが、大事なコトは生物としてもっと強い体を手に入れること。

体を動かすこと、体を鍛えること、つまりはスポーツがとてつもなく重要なのは言うまでもなく。

まずは、そこです。

スポーツをする習慣が無い

.
日本の学校や社会において、いまだにスポーツが文化として定着していない。

「競争」する文化はあるものの、「楽しむ」文化が無い。

みんなで力を合わせて勝利を目指そうとか。

練習と鍛錬を重ねて高みを目指そうとか。

我慢だ我慢だとか。

確かにそれらは重要なコトの一つだけれども、重要なコトの一つでしか無い。

みんなで力を合わせる団体競技は、学校を離れるとほとんど継続するすべが無い。

高みを目指して、そこに到達できる選手は、全体の1%にも満たない。

大事なのは、そのほか99%の人が、スポーツに対してどのように対すればよいかを学校も社会もほとんど認識していない。

競争して勝利する以外の価値を見いだせていない。

精神鍛錬の一つだとしか思ってない。

スポーツが、とてつもなく体と心に良い影響を与えて、それには勝利も、団結も、我慢も必要ないという認識がほとんど無い。

これ、変えないとホントに国が滅びますよ。

たくさんのスポーツに触れよう

.
「スポーツを楽しむ」事自体は、そんなに難しくないです。

競技で勝利するだけがスポーツじゃないコトは、生活の中にスポーツを取り入れている人にとっては自明なコト。

ただ、難しいのは

「自分が楽しめるスポーツに出会うこと」

「自分に向いているスポーツに出会うこと」

この2つ。

これはもう、いろいろ試してみるしか無いです。

向いてる…と思ったら続ければいいです。
楽しくないな…と思ったら、別のスポーツをまた試していい。

個人で出来るスポーツの方が、機会も増やせるし、周りの目も気にならないし、そのへんは向いてます。

「ランニング」「水泳」「自転車」あたりは、その意味では超オススメ。

機材も、機会も、周りの認知もけっこう進んでる。

知り合いの話だと「ヨガ」も意外と運動量が多くていいみたいです。

もちろん「ウォーキング」みたいな強度の低いスポーツでもいいし、徐々に体力が付けば、もっと強度の高いスポーツを試したくなるかも。
いまだと「ノルディックウォーク」とか「トレッキング」とか、街や自然を楽しめるスポーツも増えましたし。

何かしら足がかりがあれば、その先もあるっていうコト。

極端な話、個人で、自分の好きなタイミングでできるスポーツなら何でも構わないってコトです。

楽しくなければ続かない


大事なのは「楽しく」続けること。

「健康」のために…では続きません。
続かなかれば「健康」のためにもなりませんし、それではダメ。

「健康」のためにする為にも、「楽しむ」ことを中心に添えないとダメです。

何かしら我慢してちゃ続きません。

年配者向けに「健康体操」みたいなのを催すのも悪くはないですが、「楽しく」なければ止めちゃいますし、それではやっぱり意味がない。

今年は自分もMTBで雪の上走ったりしてますが、めちゃくちゃ下手で、転んでばっかりです。
でも、雪の上だから転んでも痛くないし、繰り返してるとひっくり返るのも楽しくなってくる。
楽しみ方なんてそんなもんです。

ウェアがカッコいいとか、イケメンの選手がいるとか、別に競技自体はそこそこでも、本人が楽しみを感じてるんであれば、何だっていいんです。

結果として継続できれば、体にも心にも良い影響をもたらすのは間違いない。

おまけとして医療費が軽減されるなら、お国としても万々歳。

スポーツ…しましょ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット