昨日の夕食に食べた魚の小骨が、喉に刺さりました。

痛い!っていう程でもないんですが、モノを飲み込もうとするときに触れるとチクッと。
ツバを飲み込む時も、不定期にチクッと。

うがいなんかしても効果はなく、それほど痛いというコトも無かったので、ほっとけばそのうち取れるんじゃ無いかと放置してましたが、結局半日経っても状況変わらず。

ご飯を食べるにも何かスッキリせず、満足感も薄くなる気がしたので、午前中時間があったので、さっさと病院に行くことにしました。

簡単な処置で済みました


この場合は「耳鼻咽頭科」に行けばよいとのこのこと。

受付後、診察室の前で待つこと5分、喉の奥を確認して先生にピンセットで取り出してもらう処置に3分。
会計、支払まで含めても病院に居た時間は30分ぐらい。

これなら我慢せずに、すぐに病院に行った方が良さそうです。
ちなみに、治療費は3割負担で2,110円でした。

2015-06-09 10.47.52

いちおう「手術」扱いで、かつ「簡単」な処置なようです。

民間療法は悪化する危険も


ネットで民間療法みたいなのも調べてみましたが、あまり効果的なモノな無さそうでした。
ご飯を飲み込む、ゼリーやこんにゃくを飲み込む。
こうした「飲み込む」系の対処は、逆に骨を深く刺す危険もあるとのこと。

うがいのような「はき出す」系は悪化させる可能性は無さそうですが、特に効果的というコトでも無いようですし。

僅か30分ほどで取り出してもらえるなら、早めに病院で処置してもらった方が良さそうです。

最善の予防策


結局、刺さった小骨が、簡単に取れるか、病院で処置するコトになるかは運みたいな感じです。
確実に自分で取り出す方法も無さそうですし。

予防策としては、とにかく魚はよく噛んで食べるコト。
これに尽きるようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット