同じ形をしてても、中身は全く異なるというのは、よくある話。
善し悪しは別として、同様の取り組みをしていても、目指すことや、そこに込めた想いによって、そのアウトプットがぜんぜん異なるのは、いろんな場面で見かけます。

例えば、地域の中で直売所を開く場合にしても、外から人を呼び込むために運営するのか、地域内部での流通や地産地消を進めるために運営するかで、やり方も、売り方も、値段付けも、ぜんぜん違ってきます。
同じような目標を掲げていても、実際に進めるメンバーによって出来は違ってきますし、想いをどれだけ共有できているかによって、メンバーの動きにムラができたりしますし、ほんとうに様々。

何のためにやってるのか。
どのような結果が欲しいのか。
誰に来て欲しいのか。
どのようにアウトプットするのか。

成り行きにまかせないといけないケースも多々ありますが、自分の想いだけははっきりさせないといけないんだな…と。

時間は有限で、衰退してる地域に残された時間も多くはないですし、そもそもヒト一人に与えられた時間だって有限です。
迷ってもいいし、悩んでもいいけど、その結果残った想いは大事にしないといけないし、何らかの形でアウトプットしていかないといけないですね。

ただ、周りの仕組みに流されていくだけじゃ、人生も時間も勿体ないです。

以上。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット