ご覧のとおり、たいした管理もされてない、ジャングル状態のような我が家の家庭菜園。

2015-08-11 08.47.20

この環境のなか、地力のある作物だけが実をつける。
ある意味、弱肉強食の家庭菜園。

もともと近所の方の土地を借りて、だいたいが両親が趣味のようにやってるわけだが、今年は春先に怪我とかして、あまり手が回らず。
自分も畝作りとか、水やりとか、手伝いはしてるものの、あまり見栄え良くする方までは手が回らず。

ただ、こんな状態でも育つ作物は育つ。

きゅうり、ささぎ、トマトとかは、大した世話をしなくても、なんとか実をつけてくれてるようだ。
ナスはダメだった。
あと、カボチャとかスイカの類も見込みなし。

とうもろこしは自分が好きなので、ちょっと世話かけてるけど、それでも大したことはしていない。
でも、育つ。

2015-08-11 08.53.22

このへんの世話がかかるモノかどうか、っていうのを身をもって知ることができたので、その意味では今年の家庭菜園は、いー経験になったな…と。

この先、万が一、日本の経済が衰退するとかして、カネで解決できるコトが減った時に、どんな作物なら、自分で作って、自分で食べるのに都合がいいかを知っとくのは、体験として覚えとくのにこしたことはない。

うむうむ。

明日はとうもろこしの収穫だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット