訳が分からないうちに国会が解散されて、訳が分からないうちに政党が出来たり割れたり、訳が分からないうちに、昨日まであっちの政党だった人が、今日からこっちの政党に移ったり。

それもこれも、只の多数派工作で、自分(党首?)の意見を押し通すためだけの活動に過ぎない。

なんという劣化ぶりだろうね…と思ってたトコロ。
人気取って、多数派取って、あとは好きにやる…っていのが常態化してる現状は、何とかならんかと思ってたトコロ。

ようやく、政治家として、当たり前のコトを、当たり前に主張する人が出てきてホッとしたよね。

これが選挙結果にどう影響するかは分からないし、あまり大きな影響になるような気もしないけど、この姿勢を見て、何かしら感じるところがある政治家は少なからずいるんじゃないかと。

意見はどうあれ、自分の信念を包み隠さず話していいんだ。

今の日本の政治で、あーゆー姿勢で向き合っていいんだ…という、ある意味当たり前の事に気付いてくれる政治家も有権者も相当数いるんじゃないかと。

その意味では、大きな「変化」だったと思う。

道は長いけど、道はある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット