選挙終わりました。

まぁ、理想的な結果とは思いませんが、それも選挙っていうシステムの結果なんで、そこは仕方がない。

ただし、今回はけっこう大きな変化があったかな…と。

「あなたのコトが嫌いだから反対」「野党なんでとにかく反対」「だいたい同じだけど私が替わりにやります」っていう今までの存在価値の疑わしい野党とは違った勢力が議席を伸ばしたコト。

これ、けっこう違います。

「あなたとは政策が異ります」というコトを真正面から訴えて、そこにそれなりの民意が集まったというコトの意味は決して小さくない。

今の政権与党が良き勝手にやってるっていうのは、ある意味本当のコトなんだろうけど、それに対して野党が抑止力を見せられないのは、つまいんない政治ショーに付き合って、意味のない人気取りに終始してた結果。

なんとか疑惑みたいなのを国会でどんなに取り上げたって、きちっとした捜査機関が動かなきゃいつまでたったって立件なんかできるわけはないし、結果が出なきゃ民意がついてくるわけもない。

野党がやるべきコトはそーじゃない。

一番にやるべきは、政権与党とは異なる、政権与党以上の政策を打ち出して、選挙で拮抗勢力となるか、政権を奪い取るコト。

それが出来る実力を政権与党にも国民にも見せるコト。

いつまでも、時代劇の悪代官を裁く正義のヒーローの劣化コピーみたいなコトやってたって仕方がない。

まっとうに政策を打ち立て、まっとうに国民に訴え、まっとうな民意を集めていかないと。

今回の選挙で、それを実直に行った勢力が力を見せたことは、他の野党や政治家、さらには政権与党に与える影響は少なくないと思ってる。

まっとうにやっていいんだ…と。
下手な人気取りは時代遅れなんだ…と。

それで政治全体に緊張感が生まれてくれれば、今回の選挙結果の意味は非常に大きいなと思ってる。
まだまだ、この国も捨てたもんでない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット