昨年、秋田のイオンに出店した「ルピシア」。



実は、ほぼ利用してません。
紅茶好きなんで出店した時はあんなに喜んだのに。

まぁ、ネットショップで購入してる福袋で量的には十分なので、あえてリアル店で買う理由がないってのはありますが。
福袋、お得過ぎ。
あと、近くっていっても男鹿市からは、そう頻繁にイオンには行けないですし。

でも、秋田出店前は、盛岡店まで行って買ってましたよ。

遠出の時の楽しみだったけど、日常としてはさして魅力を感じてないってコトだったのかも。

口では「欲しい」っていうけど、実際には「利用しない」って、なんとも身勝手な。

何が「必要」だろうかね


他のお店でも同様です。

実際、秋田って自転車に向いた土地柄なのは間違いないですが、それに対して専門店はかなり少な目。

まぁ、機材に関しては、通販で購入して自分で工具使えばなんとかなるので、そんなに問題はなく。
できれば、ウェア類が豊富な店があればな~なんて思ってました。

ただ、ほんとにそれが「必要」かと考えると、なんか違いますね。

たぶん、そんなに利用しない。
よくて、年に1回とかそんな程度。
それじゃ、お店としては立ち行かないです。
そんな大都市じゃないんだし。

それよりもネットショップ等で、商品説明を丁寧にしてもらったり、サイズ表記を充実してもらったりしたほうがメリットは多そう。

試着はできなくても、メーカー毎のサイズの特徴把握できてれば、ほぼ問題ないので。

どちらにお金を使おうか


「欲しい」店と、「必要な」店って別です。

豊富な店頭在庫の中から選んで買える店ってのは、確かに「欲しい」ですが、利用するかどうかはまた別。
そーゆーお店は、ある程度都会じゃないと成立しない。

それに対して、専門的なメンテナンスをしてくれるお店は絶対に「必要な」店。

自転車だと、使用頻度の低い専用工具(これが高い!)が必要なメンテは、なかなか自分じゃ出来ないし。
BB交換とか自分でやるメリットはあんまない。

安心して任せられるお店が絶対必要。

その辺を、きちっと意識しないと、ただ「欲しい」店で無駄に散財して、「必要な」店にお金が回らないのは不幸なコト。

その地域に「必要な」お店が無くなることは、ほんとに大ダメージですから。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット