ここ数日、自転車に関する交通ルールが変更になり、より自転車に対して厳しい取締りが行われる…というようなニュースをあちこちで見てます。

ウソですよ、それ。

交通ルールは何も変わってない


今回の変更(?)では、自転車に関する法律は何も変わってません。
信号無視、一時停止違反、右側通行、飲酒運転、併走、などなど、どれもこれも以前から禁止されてた事項。
罰則規定も何も変わってないです。
例えば、右側を走行した場合の罰則は「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」で、これも以前と同じ。

あえて変わったというなら、3年以内に2回以上、摘発や重大事故を起こした場合に安全講習を受ける義務が追加されたぐらい。
重大な違反を2回もやって、ウン万円の罰金払った後のコトですし、ことさら厳しくなったコトを強調するほどのコトでももない。

変わった、変わった言ってるのは、自転車とは関係の薄いマスコミやネットニュース、自称ジャーナリストの方々。
正直、薄い。

ルールと、その運用


結局、自転車の禁止事項を定める法律自体は、ずーっと以前からあったわけですが、残念ながらそれをきちんと運用してこなかった。

特に、日本の場合は自転車は歩行者の仲間という意識が強くて、歩道の中を無秩序に走ることが容認されてた空気があるので、なおいっそう取締りを行うという共通認識が無かった。

結果、自転車に関連した事故が増えた。

ルールはあっても、運用を怠った結果だ。

今回の騒ぎは、何とかそうした空気を変えて、自転車であってもルール違反をしたら取締りを受けるという共通認識を、市民と警察の両方に生み出そうとしてるだけに思う。

ルールを守らせるのは現場


交通ルールは守らせるコトに意味があるのではなくて、交通ルールを守ることによって、事故を減らすこと、円滑に道路上を移動できるように維持するコトに意味がある。

その意味では、事故もなく交通もスムーズであれば、交通ルールなんか別に守られて無くても、それはそれで良い。

実際、日本よりも遙かに緩い取締りしかしてないのに上手くいってる国もあれば、遙かにキツイ取締りをしてても事故が起きてる国も多々。

結局、その国の事情に合わせた運用が必要であり、そのあたりは現場のノウハウに大きく依存するのだ。
キツくしすぎれば反発するし、緩めすぎると無秩序になる。
日本の場合は後者に対するノウハウの蓄積と運用が求められているわけだ。

現場が力を付けないと、ルールを守らせることもできなければ、事故も減らないし、交通も混乱したまま。

ルールだけ守っても意味は無い


ルールはあるだけでは意味が無い。
それを、上手く守らせる現場の力が何より重要なのは、あらゆるコトで言える。

何のためのルールなのか、それを運用することで、得られるモノは何か?
そのために、最も適した運用は何か?
杓子定規になっちゃいけない。
もっとよく考えないと。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット