今回の台風で、あちこちのイベントに影響出たようで。

サイクルイベントも基本屋外なので、影響は大きい。

ツール・ド・東北は2日目は規模縮小。
十和田湖のヒルクライムも中止…などなど。

年一回、大きなイベントを開催するっていうスタイルは、こうした災害リスクにはやっぱ弱い。
ここまでの台風じゃなくても、大雨、豪雨、高潮などなど、最近は珍しくないし。

例えば、400人のイベントを年一でやるよりは、20人のイベントを年20回開催するっていう方が、リスク分散としては正解。

もちろん、年20回開催というのはいろいろ大変だけど、そこに関わるコスト、リソースは開催経費としてきちっと計上して参加費等々で回収すればいい。

規模が違えば、役割も違うわけだから、一概には比較できないけど、経済的には同等の役割を果たせる。
今後の人口減少等々考えれば、大規模イベントから、中規模、小規模へとシフトしていく流れが主流になってくはず。
趣味嗜好の多様化が進んでる中で、その流れは自然なんだと思う。

世の中、なんでもかんでも、大規模に、みんなと一緒に、同じ事を楽しむ…っていう時代じゃなと思う。
自分の趣味嗜好を突き詰めた楽しみを、小規模で共有する面白さ…ってあたりがキーになるんじゃなかと。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット