それがどんなに拙い取り組みであっても、継続していくコトで、必ず良くなっていくし改善されていく。

これは鉄則。

逆に、どんなに良いアイディアを、どんなに緻密に練り上げて、どんなに良い人材で実施したとしても、それが一回きりの取り組みであれば、さしたる結果は残せないし、ただの単発イベントとして、あっという間に忘れられていく。

結局、人間のする取り組みな以上、初めから満点とれるほど、世の中甘くない。

最初は、つぎはぎの運営で、ボロボロの評価しか貰えないのはある意味当然。

大事なのは、その後継続できるか。

もっと正確に言えば、継続できるだけのモチベーション、夢とか、想いとか、未来への望みとか、熱意とか、そういったモノをどれだけの量持っているか。

理詰めで、こうするべき…なんていう堅苦しい枷しか持ってない人には、物事を継続なんかできませんから。

結果を出すには時間がかかる…回数を増やすとかの工夫で短縮はできても近道は無い。

そーゆーとかが、身をもって実感した7月でした。

8月も、継続するために、新しいスタートを切るような、そんな夏にしたいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット