犬娘動画が各所で話題…なのはどうでもいいんですが、なーんかそれなりに発言力強げな方々が、ネットで一斉に批判してる様子を見てなんだかな~って思うコトしみじみ。

誰かが、ちーっとマズいことをしでかす。
  ↓
発言力強めの人が批判する。
  ↓
発言力なさ気の人も便乗して批判する。
  ↓
わーっと炎上
  ↓
最初にしでかした人が謝罪とか取り下げとかする。

なんか、この構造…あんまりにも一般的で、もう付き合う気にもならない。

さらに言えば、今回のこの展開…狙い通りに仕組んだもののようにも見える。

気に入らなければ無視すればいい


誰かが何かがやらかしたな~っていうときに、ここぞとばかりに批判するってのは、正直、物凄く幼稚に見える。

もちろん、当事者、関係者の1人だったり、直接の利害関係者だったりすれば別だろうけど、何の関係も、それこそ普段は興味もない事柄に関して、この時ばかり話題に乗っかって批判してスッキリしようってのは人間幼すぎ。

気に入らなければ、「ふーん…つまんないね」って無視すればいい。
それで十分。
それ以上の言葉をかける必要もない。

無視されれば、何が悪かって本気で考えるだろうし、次はもっと良いモノを出そうって真剣に取り組む。

逆に、変に話題になると、じゃぁ、この路線で…ってコトになる。

正直、今回のは、言ってみれば「釣り動画」

批判だろうが何だろうが、話題にさせるコトだけが目的で、それに乗っかった皆さんは、まんまと引っかかったコトになる。

気に入らなかったんなら、無視してあげるのが、マトモな路線に戻るための一番の応援であり、建設的手段であるといえる。

表現の芽を摘まない


今回のが該当するかどうかは別として、他人の表現に、中途半端な言葉をかけるのは、良くないと思ってる。

何かを表現したり、形作って世に問いだそうとする人は、受け止める人が思ってる以上に、ヒトの意見や、感想、批判に対して敏感だ。

文字で寄せられた意見を、何度も何度も読んだりして、その意味するトコロと、自分の気持ちを折り合いを付けることに、膨大なエネルギーを要する。

真摯な意見だったらともかく、意味不明な上から目線の批評だったり、ただ自分の嫌悪感を大声でぶつけてきたり、他の声に乗っかった大量の便乗批判は、このエネルギーを無駄に消耗させる。

場合によっては、二度と表現の場に帰ってこないことだってある。

こんなコトで、世の中に生まれそうな新しい表現の芽が摘まれてしまうのは残念としか言いようがない。

偉そうな物言いをするヒトの中には、「そんな軟弱者には新しい表現なんか生み出せん!」とか言いそうなとこだけど、世の中そんな威勢のいいヒトばっかじゃない。

繊細で、気弱で、控えめなヒトじゃなきゃ生み出せない表現や世界って確かにある。

世の中に、自分の気に入らないモノが存在するってコトを許せないってヒトはほんとに幼稚。
そんなに世の中、自分を中心に回ってるワケがない。

無視するなりして、うまく距離を取るなり、住み分けていけばいいだけの話し。

そーゆー生きやすい、活きやすい世界に住みたいもんだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット