最近の自分の考え方の基本です。
かつての経済発展期のように、カネが国から地方にジャブジャブ流れている時代と違って、今地方は、これまでのようにインフラ造成による産業だけでは立ちいかなくなっています。

大きなカネには、大手がつく


もちろん、地方にだって様々なニーズがあって、それを満たすためのサービス産業が成立する余地はありますが、残念ながら、それが有望であればあるほど、中央の大手がチェーンを展開して、地方の弱小資本では太刀打ちできない状況だったりします。

では、どうするか。

大きな規模での商売にこだわらずに、小さくても好きなコトを中心に打ち込んでいくしか無いと思っています。
結局、うまい話や、さくっと儲かる話というのは存在しない。
多少、採算性が悪いような話でも、好きなコトに工夫しながら取り組んでいくしかない。
そう考えます。

「好き」を存続へのモチベーションにする


自分の好きなコトを仕事にするもんじゃない、という話も確かにありますし、その論も一理ありますが、今の地方の現状を変えるためには、それはあえて破るべき。
変に格好付けてる場合ではないです。

地方で立ち上げるビジネスっていうのは、やはりどうしても成功する確率が高いとは言えないですし、半ば失敗覚悟で取り組まないといけない部分は多々あります。

どうせ、確率が高くないことに取り組むんなら、自分の好きなコトをやってみるのは悪い選択じゃ無いです。
好きなコトであれば知識も豊富だろうし、取り組むモチベーションも維持しやすいはず。
例え、最初のスタートは芳しくなくても、なるべく存続させたいという気持ちがあるのなら、努力も工夫もするだろうし、リスクのある、分の悪い勝負にも出ることもできるだろうし。

「好き」であることを武器にして、勝率を少しでも上げられるならそれに超したことはありません。

コスプレ?


秋田県内の某所で行われているイベントのチラシに「コスプレ参加歓迎!」みたいなコピーが載っていました。
「秋田でコスプレ?」なんて、まぁフツーに考えればそこから何かを変えていけるような要素があるとは思えません。
でも、これが凄いなぁ…と思えたのは、これって間違いなくコスプレが好きな人が企画を立てて、コスプレが好きな人が実行してるということ。

これ、結構重要なコトです。

地域おこしだの、活性化だの、今は腐るほどマニュアル本みたいなのがありますが、直売とか、マーケットをやろうみたいなコトはどれにでも書いてあるし、どこでもやってることですが、コスプレをしようみたいなコトは書いてませんし、どこでもやってない。

まぁ、地方を舞台にアニメ等のサブカルチャー企画をやってるとこはありますが、たいてい東京の大手と連携の企画ですし、それは地方から東京にカネが流れる企画ですから、ここでの趣旨と一致しません。

地方で生きていくには、地方でカネを稼いで、地方でカネを廻していく仕組みを作り上げるしかないわけですから、その意味で、大手なんかと一緒にやらないで、好きな人が好きなように企画をくみ上げて、それを継続させるための努力をするっていうのは、大事なコトだったりします。

コスプレと関係ない人達からみれば、眉をひそめるようなコトがあるかもしれませんが、そんなことは、それこそ関係ありません。
それが自分が地方で生きていくコトのプラスになるなら、意地張ってでも笑って継続させるべきだと思います。

まとめ


とまぁ、自分も好き勝手に「自転車」の企画を進めているわけですが、このエントリ自体が自己弁護の一環だったりします。

自転車ブームあって、自転車を使った大きなイベントは全国各地で開催されてます。
本格的なレースもあれば、ゆるめのファンライドもあり様々ですが、たいていは大会だけの独自採算は難しく、行政の補助か、企業の協賛が資金源だったりします。
公道を占有したり、ホスピタリティを充実したりと、大きな伊ベントのはいろいろカネがかかりますから。

それはそれでかまわないですが、そうした資金は必ずしも継続されるものではありませんので、資金繰りに困ればイベント自体が消滅します。

だったら、例え小さなイベントでも、少人数を集めて、コースを決めて、昼食をセットして、最低限のコストで開催できるように工夫したイベントがあってもいいよな…という考え方から「サイクルアクティビティ男鹿」を開催しています。
もちろん、今の開催形式がベストだと思っているわけではないですし、改善しないといけないこともあれば、もっと発展させていくべき部分も多々あります。
ここから派生したスピンオフ企画なんか出てくれば、さらに広がりを持って行けると考えられます。

ようは、継続的に開催する工夫をし、常に変化を生み出しつつ、将来の姿を模索するにあたって、自分の好きなコトに取り組むというのは、大変な武器になる…とまぁ、そういうコトです。

以上。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット