今日は特に駄文です。

この国の政治家の方々は、実に口がうまくて。

「持続可能な」という枕詞をつけることで、古めかしい富国強兵的な経済成長を遂行しようとしてるみたいですね。
力業に頼ったやり方で、実にかっこ悪いです。

今の先進国の生活水準を、中国やインドはじめ新興国の全人口に適用すると、地球が一年で生み出す資源量を軽くオーバーするっていうのは、最近よく知られてきてます。
地下資源をいかに効率的に採掘して、優先的に入手できるかが世界の中で経済優位に立つための必須条件。

お隣の大国も、海洋地下資源を巡って隣国と戦争しそうな勢いですし、米国も環境問題そっちのけでシェールオイル開発に興じてます。

これからの世界は、国家間の資源の奪い合いに突入する可能性は極めて高い…というかもうなってますよね。
おかげで、円安誘導までされたので、ガソリン代も、灯油代上がって北国在住者には大変迷惑してます。
どっかの国の政治家さんは、身銭を切ってでも灯油の値上がり分を補填して欲しいところですがね。

閑話休題

話を戻しまして、資源の総量に限りがある以上、日本が経済成長を維持するためには、新興国、途上国に資源を渡さずに、強引に日本に持ってくることが必要です。
日本はほとんどの資源を輸入に頼ってますから。

過去において、資源を途上国から安く調達して、それを元にして作った製品を高く売って稼ぐモデルが大成功して経済大国にのし上がりました。
とはいえ、今や資源国=経済優位国ですから、もう安く資源を調達することも難しいです。

そうでなくとも、自国の経済成長のために、余所の国を押しのけて資源を独占する。
まぁ。
出来る出来ないはともかく。
何かカッコ悪くないですか。
そーゆーの。

日本は経済成長による、暮らしの恩恵はもうほぼ達してるんじゃないかと思ってます。
もう、大量の資源を必要とする経済成長からは卒業した方がよくないですかね。

この国1000兆円ほどの借金もあります。
その上で、こーゆー無理な成長って。
必要なんですかね?
続くんですかね?

まぁ、未来は誰にも分りませんので、どうなることか分かりませんが、分をわきまえた歩みの進め方をそろそろ模索した方がいい気はしてます。
それこそ、世界に先駆けて。

別に今の生活レベルを大きく落としていくべきみたいな話では無く、生活の質を変えていくことで、輸入資源への依存を減らせるんじゃないかと言うこと。
かつては、電気も、石油も、いくら使ってでも生産をあげることが至上命題だったですが、残念ながら、もうそれであげた生産額で昔のように稼げるわけないです。

稼ぎ方も、使い方も、少しずつ工夫してかないといけないです。

以上。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット