反復練習からのインスピレーション

楽器はホント面白い。

いつだか、全然指がついていかなかった6連符。

というわけで、今日はここを集中的に繰り返し繰り返しの反復練習してました。

はじめはゆっくりで。

メトロノームに合わせて、指を動かしながら、少しづつテンポアップ。

まだ納得いくレベルまでいってるとも言い難いけど、練習した分は上達してるし、練習中のインスピレーションが、いつの間にか出てくるのがとにかく面白い。

指を小さく動かす

早いパッセージに対応するために練習してると、徐々に指の動きが小さくなってく。

EWI4000sはタッチセンサーで演奏する楽器なので、可動するキーは一切なし。
「触れてる」と「離してる」の2つの状態しか認識しない。

ということは、キーから指を離すときに大きく離すと、次の音でキー触れるまでに時間がかかる。
ほんの僅かだけど、その僅かが6連符のような時には致命的になる。

ちょっと離して、素早く触れる。

この動きが早いパッセージにはすごく大事。

でもって慣れてくると、他のフレーズも、前よりも余裕を持って吹けるようになってくる。
そりゃそうですよね。

もしかしたら、こんなのほかの人はあっという間に通りすぎてるコトかもしれないけど、独学勉強中なんで、それを一つ一つ見つけていくってのは、けっこうな楽しみだ。

反復練習からのインスピレーション

難しい音符を、なんとか演奏したいと指を動かしてる時に浮かぶインスピレーションが、少しづつ自分の指の動きを変えていく。

ただ頭で理屈を考えてるよりも、自分の指の動きからインスピレーションをもらう感じ。

頭の中に知識としてはあっても、それが指と結びつかないと演奏には出てこない。
そこが繋がる感覚が凄く良い。

やっぱ反復練習は大事。

ほかにも、反復練習の中で、ハッと思いついたコトなんか多数あって、やっぱ楽器って面白いです。

いつか、仲間の前で宴会芸レベルぐらいまでは上達したいもんです。
少なくとも、ヘッドホンで練習できる楽器なんで毎日続けるコトは難しくないですし。

— ads by amazon —


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。