AndroidとiOSで比べると、もうほとんど差はないんですが、もし明確に差があるジャンルがあるとすれば、それは「楽器」アプリ。

このジャンルのアプリに関しては、もうiOSが圧倒的です。

演奏したり、作曲したり、レコーディングしたり、楽器練習の伴奏に活用したりと、そーゆーコトを考えてる方々は、iPad一択と言っていい。

ちなみに、iPhoneだと画面小さすぎて役に立ちません。

自分も、最近はiPad2をフルに活用して楽器の練習(伴奏)に勤しんでます。

iPad2も、もーそろそろ買い替えていい時期なんですが、MIDIデータ扱って練習に活用する程度なら、割とストレスなく使えちゃうんですよね。

テンポの変わる曲


楽器の練習には、CUBASIS2アプリを便利に活用してるんですが、このアプリ、実は演奏中にテンポを自動的に変更することができません。

MIDIデータは、本来テンポの変更に対応してて、PC側でテンポ変更を埋め込んだMIDIデータを作成すれば、勝手にテンポを変えてくれるかと思ってたんですがさにあらず。

まぁ、MIDIデータだけなら簡単なんでしょうが、レコーディングデータのテンポ変更はそれなりにCPUパワーが必要でしょうから、iPad向けDAWアプリでは無理がありそう。

ところが、最近練習し始めた曲は、スローなイントロから始まって、そこからぐいっとテンポアップする曲で、なんとかこれを実現したい。

そこで、iOSに用意されてる楽器アプリ間の連携機能を活用してみることに。

iOSの楽器連携機能を活用


この連携機能、なんかいろいろあるみたいで、どの規格を活用してるのかよくわからないんですが、要は

MIDIプレイヤー(MIDIデータを再生:テンポ変更可能)
  ↓
CUBASUS2(音源としてのみ利用)

という形でいってみました。

MIDIプレイヤーは、何が良いのかイマイチ把握しきれてないんですが、「MIDITrail」というのを利用。



なんかこう派手なソフトです。

MIDITrailの「Settings」画面で、「MIDI OUT Device」というのがあるので、ここで「CUBASIS LE」を指定。



CUBASIS2の方は、「SETUP」画面で、「Background Audio」をオンにします。



これを指定しとなかいと、バックグラウンドに隠れたときに音が止まるようで、これがオンになってる間は、画面上部にその旨のメッセージが赤帯で表示され続けます。

あとは「MIDITrail」で曲を選んで再生するだけです。

出だしのイントロでは112BPMだったテンポが、Aメロに入って143BPMまでアップしてます。



楽器の音も、中途半端なピアノっぽい音ではなくて、CUBASIS2に搭載されてるSteinberg謹製の綺麗なグランドピアノが、気持ちいい感じで鳴ってくれます。

ん~これで、楽器の練習もはかどりますね。
腕はまだまだですが。

先週は、やや体調を崩してて練習もままならなかったんですが、今週からはまた頑張っていきたいかと思います。
やっぱり、日々の生活の中に楽しみがあるってのは良いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット