これといって意味があるわけじゃないんですが、YAMAHAっていうメーカーが好きです。

YAMAHAerです。
(あるのか、そんな呼び名)



デスクトップ壁紙カレンダーなんか配布してくれるので気にって使ってます。
こちらはエレクトリックバイオリン。
電子楽器ですけど、カッコいいです。

はじまりは、小さな頃にYAMAHAの音楽教室に通ってたとこから。
某寺ですよ。

それにしても、このメーカーの多彩さはほんとに脱帽もの。

一番有名なのは楽器とオートバイですが、それ以外にもほんとに多彩な事業を展開してる。

それも、多角化とか大規模化とかを指向してじゃなくて、事業を進めるにあたって必要になったものがあれば、それも自分らで作ってしまおう…的に発展してきたらしいので。

何でもかんでも外注にしちゃうと、結局はコモディティ化の波に飲まれてうずもれちゃいますからね。

そのあたり、楽器という工業製品にして芸術作品という二面性を持つ製品をコアにしてきた会社ならではの感性があるのかと。

YAMAHA RP-U200 & NS-10MM


手持ちの品の中では、ずーっと昔に買ったUSBオーディオセットが未だにデスクトップ上で現役です。



何度か書いてますがRP-U100と小型スピーカーNS-10MMの組み合わせは、PC用デスクトップオーディオ向けには十分すぎるほどいい音で鳴ってくれてます。
全体的にバランスいいですし、自分好みのピアノの音を響かせてくれるのがホントに気に入ってます。



1999年発売と、もーそろそろ20年選手になろうかという時期ですが、壊れる気配もなく、再使用始めたことろより断然調子がいい。

YAMAHA YAS-475


社会人何年目かの頃に、実は再びYAMAHAの音楽教室に通ってた時期があって。



その時に使ってたのが、こちらのアルトサクソフォン。
確か、月々レンタル代金を支払って、一定金額まで払えばそのまま自分のものにできるっていうシステム。
まぁ、分割払いみたいなもんですが、金利はつかないし、教室生徒さん向けの優遇みたいな感じで入手。

教室は月4回ぐらいで、当時は公民館の練習室を借りたりと仕事終わりに気を使って結構練習しました。
仕事終わってからの楽しみだったので、仕事もテキパキ残業しないように工夫してメリハリがありましたね。

それでも絶対的練習量の不足は如何ともしがたく、なかなか上達するまでは辿り着けず。

そのうち出張が多くなって教室通いも止めたため、現在は休眠状態です。
なんとか復活させたい気持ちもあるんですが、練習場所の確保とか考えるとハードル高くて難しいっす。

ただ、サクソフォンって吹いてると気持ちいいんですよ。
電子楽器と違って、楽器自体が自分の吹き込んだ息だけで綺麗な音色を響かせる感覚はほんとに独特。

今、練習してるAKAI EWI4000s買ったのも、せっかく習ったサクソフォンの運指を忘れたくないなってのがきっかけでしたし、人生の中で下手でもいいから楽器に関わっていたいという気持ちが確かにある。

ほかにもいくつか


学生の頃バイトして買ったYAMAHA DX21とか、人生初のパソコンはYAMAHA CX7/128Mだったり。

今使ってるMIDI/AUDIO-I/FのSteinberg UR22mkIIも、使ってるソフトのCUBASE AIやCUBASIS 2も実質YAMAHA製。

この先、もーっとカッコイイ電動アシストバイクとか出してくれたら、買うこともあるのかも。

無駄にデザインに特化したフツーの自転車とかでもぜんぜん構わないですし。
今のアシストバイクは、まだ自転車乗りに響くデザインじゃない。

YAMAHAの製品って、別に無くても生活に困らない。
だけど愛着を持ってそれを使ってると、すごくライフスタイルが豊かになる。
そんな感覚です。


--- ads by amazon ---











このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット