色を間違えました。

何がというと、昨夏に買ったKindle paperwhiteに装着させる保護カバー。
ブックカバーになるのか?

たしか黒が欲しかったはずなんですが、届いたのは青。

配送ミスかとおもいきや、たしかに確認メールでは青の発注になってるし、そもそも自分で色を選んだ記憶がない。

機能と値段でチョイスして、色を確認して発注しなかった自分のミスだったようで。

以後、気をつけます。

青について


そーいえば、青いモノを買ったのは、そーとー久しぶり。

自室を見渡してみると、驚くほど青がない。

自転車や車、衣服に関しても多分、青は皆無。

野菜を運ぶコンテナが青いけど、別にあれは選んで買ってない。

よく選ぶのは、黒や金属色、そこにオレンジやイエローが入る感じで、衣服もそれに類するチョイスが多い。

別に嫌ってるわけじゃないし、昔は好きな色の一つだったはずだが、いつからこんなに遠ざけてたのだろう?

憧れてた色


青は、憧れの色、憧れを映し出した色。

そんな感じか。

ブルーインパルス、ティレルブルー、そのあたりの"青"が記憶の中で鮮やかだ。

かっこいい色。

好きなんだけど、そのかっこいい色に、自分を連ねるのに抵抗があるのか。

憧れは、憧れのままにしておきたいというコト?

まぁ、単純に好き嫌いでは語れない。

身近に寄ってきた青


今回、身近なITデバイス(Kindle Paperwhiteは使用頻度高め)に青のカバーをつけたことで、青がかなり身近な場所に攻め入ってきた感じ。

この後の、自分の好みに多少なりと変化が出るのか…少しだけ楽しみに思ってる自分がいるのも発見した。

視界の端に入るだけでも、かなり異色なんだが、どーなるのか。

まぁ、機能のデザインは気に入ってるし、原色の青ってほどじゃなくて、少し濃い目の落ち着いた青だし、不満は無い。

間違おうが、取り違えようが、一度買ったんだから、大事に使うのはポリシーだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット