以前から時々お伝えしていますが、携帯電話キャリア(DOCOMO、au、SBMなど)のスマホの料金の高さは異常です。
フルにデータ通信を活用して、24時間屋外で動画を見るような人なら必要ですが、ほとんど電話とメールだけというヒトも含めて大多数のヒトにとっては、極めて高額な料金が設定されています。
一人暮らしのヒトに、豪邸を売りつけて、高額なローンを組ませてるようなものです。

これに対して、携帯電話キャリアから回線を借り受けて、利用上限を制限して、料金をお安くしたサービスが近年急激に数を増やしてきました。
MVNOサービスという名称で呼ばれていました、業界トップのb-mobileや、OCN、IIJ、DTIと各社が競って、月額1,000円程度の料金で、スマホを運用できるようなサービスを提供しています。
今後は、このスタイルが急激に増えていくことは間違いないです。

このスタイルで行う場合のネックは、スマホ本体の入手です。
日本の場合は、スマホ本体は携帯電話キャリアが回線と抱き合わせで販売するのが主流ですので、新品のスマホを単体で購入するのが難しいのが現状。

それも徐々に改善されてきました。
先のMVNOサービスを提供する会社が、独自に端末を提供するケースが増えてきました。
こちらなど、イオンで端末本体を1万5,120円で提供し、かつ月額料金は1,350円。
もちろんハイエンド機種ではありませんので、高性能を求める方には少々厳しいですが、さほど使用頻度が高くないのであれば、この性能でも十分です。
ionsmapho

実際のところ、ハイエンド機種の代表格であるiPhoneは単体で購入すれば7~8万しますが、これも直接Appleから購入して、MVNOサービスと組み合わせて使用することができます。
それでも、キャリアの2年縛りの料金と比較すれば、かなりお得ですので、高性能を求めるヒトにとっては、こうした選択肢も検討するべきです。
iphonesimfree

まだ、多少の専門知識が必要なのは確かですが、一度設定してしまえば、後はほとんどそのまま利用できます。
イオンのように、全てをパッケージにして販売するケースも増えてきましたし、今後はどんどん買いやすくなるはずです。

いつまでも、使いもしないサービスに無駄なコストを払う必要はないです。
賢く利用するコトをおすすめいたします。

以上。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット