世間を騒がしてる内容ともリンクしますが、いろいろ思うところもあるので。

ほんとは敵対しないコトが大事です。

敵対するというコトは、敵からの攻撃に備えなきゃいけない。
もちろん心理的にも負担になる。
備えるレベルにもよるけど、コトが大事であればあるほど、それに必要なコストやリソースは高く付く。

基本的には大事なのは、

「仲良くするコト」

「仲良くできなきゃ距離をとるコト」

人付き合いでも、組織としても、国としても、この辺が見えてない人と付き合うのは難しい。

正義は高く付く


意見の合わない相手に対して敵対するとか、敵意が芽生えるというのは、だいたいにおいて自分の中の正義にもとう…という場合がほとんど。

相手のすることは邪悪で野蛮であって、これを見逃すことは自分には出来ない。
正義にもとう…と。

お互いにそう思ってたりする。

お互いに相手に正義の鉄槌を下すために、槌を準備し、槌の振り方を練習したり、相手の槌をかわす練習をしたり。
相手より、より優位に槌を振るうために、より多くの槌を準備したり、練習する人を増やしたり。

結果的に、コストがかかるし、多くのリソースが割かれる。

正義を遂行するためには、すごくお金も時間もがかかりますわ。

落としどころはドコ?


別に、目の前で殴りかかられてる時に、相手と仲良くしなきゃならないとか、そんな馬鹿馬鹿しいコトを主張する意図は全くなくて。

殴ってきた相手には、殴り返していいと思う。
自分も痛いし。
相手も痛いし。

問題は、お互い殴り合って、ある程度気が済んだトコロで、この相手とどう折り合いをつけるか。

ずっとこのままはイヤだなって、お互いにあると思う。
殴るのだって疲れるし、殴られたら痛いし、それはお互いに理解したはず。

口では勇ましいことを言っててかまわないけど、その裏ででもいいから、どっかで折り合いを付けて、落としどころを見つけないと、永久に殴り合うことになる。

それって、ちっとも賢くない。
子供の喧嘩だって、もう少しうまく解決してる。

大人なんだから、もっと賢い解決策を見いだして欲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット