いろいろと物持ちは良いほうなので、たまに片付けなんかすると、凄く昔に使ってた道具がポロッと出てくる。

こないだの片づけでもずーっと昔に使ってたMINI-MAGLITE AAモデル。
単3乾電池2本で使うモデルが出てきたりする。



それも2本も…

今となっては圧倒的に光量不足で、そのへんの500円で売ってるLEDライトよりも暗いんだけど、スタイルは今でも最高にカッコイイ。

そのスタイルが好きで、昔買ったわけだし、異様に頑丈な作りだから、一生破損することもなさそうだし。

電球部分やレンズ、リフレクターを交換してLED化する社外製のキットもあるんですが、2,000円以上する…それだけ出せばもっと明るいLEDライトが買えちゃうんですよね。

うーん、どうしたものか…

ちなみに、単1乾電池3本で使う、いわゆるスリーセルはずいぶん前にLED化キットを使ってアップグレードしましたが、あちらはライト以外にも用途ありますからね。

ていうか、ほぼ光る警棒。
車に積んで、たまに活躍してます。

昔と今の道具の使い方


別に、昔を懐かしむっていう話じゃないですが、昔はこんなに暗いライトでも一線級のハンドライトとして活躍してた。

MAGより明るいライトはあったけど、それにしても今のLEDライトに比べれば圧倒的に暗い。

それでも、みなさんいろいろ工夫しながら活用してたんですよね。

手持ちの機材がこれしかないから、これでできる事を工夫する…ってな感じで。

今は、なんでもかんでも万全の準備をしてから取り掛かる(もちろん、安全に関わることはそうするべきですが)のが通常なので、機材の限界を見極めながら、それをギリギリまで運用する能力ってのが退化してるようにも感じられる。

そうゆう経験値を積むフィールドが無くなってきた…と感じてる。

故に、想定していなかった事態に遭遇すると、機材を理由に簡単に引き下がる。

もっとできることはあるのに…
ちょっと工夫すれば事態を突破できるのに…

マンガじゃないけど、知恵と勇気で、どんなことだってできるのに…と。

そんな想いを持つことは多々。

ん~やっぱ昔話か。

あと、災害用にも絶対に必要になるのでハンドライトの類は必ず買って身近なとこに置いときましょう。
別にMAGじゃなくていいでので。


--- ads by amazon ---









このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット