引き続き、成功事例なんて必要ないよ…っていうお話。
どこかの成功事例に習って、自分の町も成功するのだとすれば、あらゆる条件が成功事例と一致している必要があるのは自明のコトです。
前提条件が異なるところに、同じ施策をしても結果は一致しませんから。

人口、面積、人口密度に人口分布、年齢構成や高齢化率、子供の人数、産業の構成、規模、農地面積、漁船の数、林業従事者数、公務員の構成、土建業はどのくらい残ってるか、食品工場なのか製材工場なのか、港はあるのか、何の船が着くのか、列車による輸送量は、近隣の大都市までの距離は、自動車の保有台数、飲食店の数、夜のお店の数、学校の配置、道路の網羅具合、地元のお祭りの有無、観光従事者の数、冬場の集客数、第3セクター施設は儲かってるか、ここ数年で新規開店したお店の数、などなど、などなど。

諸条件なんかあげてったら切りがありません。

同じ町なんて存在しない


それら全てが一致している必要はない(そんな町は存在しないし)にしても、成功事例に載ってる町と、重要な項目において一致してるコトも、そうは無いんじゃないかと思います。
そもそも、どれが一致してればいいかだって、判断しようがないですし。

それらを、高齢化と人口減少と経済の衰退という事象に悩む同様な地域として、ひとくくりに考えるのが間違ってるんでしょう。
同じように衰退しているからといって、各地方ごとに、その状況も環境も全く異なります。

A町で有効だった施策が、B町には致命的なダメージを与える可能性だってあるのです。
まずは、自分の町がどれだけ他の町と違っていることを認識することが必要です。
誰か他のヒトが決めた基準で大雑把に分類することは、絶対にしてはダメです。
自分の目で見て、耳で聞いて、自分で考えて判断するところからがスタートになります。

特殊なるかな男鹿半島


そういう考えで見てみると、男鹿半島は、余所の地域とは全く異なる環境であり、近隣では似た条件の地域は、ほとんど存在しないコトに気づかされます。

地理だけで見ても、日本海に大きく突きだした半島で、その根元に大きな湖があったこともあり、一部陸続きであるものの、余所の半島に比べても限りなく島に近いです。
地形は平坦ではなく、外側に大きな山列があり、さらに内側にも火山を元にした山があります。
こうした複雑な地形は、それぞれの地域での気候の違いを生みだして、それは農業、漁業に影響を与えて、どこに集落が生まれるかの違いを生み出しました。
その違いは現在の産業構造、人口構成に大きな影響を与えています。

他にも、余所との違いを書き出していったら、紙面が尽きてもまだ足りないほどの分量を書き出せますので、ここでは割愛しますが、これはどこの地域だって一緒です。
余所と同じ町なんか、一つだって存在しないはずです。

衰退の要因はみな異なる


こうしたコトを子細に見つめていくと、同じように衰退している地域であっても、地域によって全く異なる要因があることが分かります。

それらに対して、同じような原因を押しつけて、同じような解決策を当てはめることに無理があります。
自分たちの町には、自分たちにしか出来ない解決策がある。
余所の解決策なんて役には立たない。
そもそも解決策なんて無数にあるんだから、余所のを真似る必要すら無い。
まずはそこです。

まとめ


結局の所、衰退の原因は様々異なるものの、一つだけ共通点はあります。
それは、衰退の責任は全ての住人にあるという事実のみです。
市長にも、公務員にも、会社員にも、主婦にも、無職にも、学生にも、子供にも、あなたにも、私にも、すべての住民にその責任があります。

もちろん外的要因の変化による影響が大きいのは間違いないですが、その変化に対しての適応を誤ったという意味においては全ての住民が背負うべき問題です。

全ての住民が、衰退という問題を背負う覚悟があれば、衰退なんて何の問題にもならない些細なことでしかないはず。
それを行政に押しつけ、政治家におしつけ、市長におしつけ、県におしつけ、国におしつけ、と誰かの責任として押しつけ合ってしまった結果、衰退という問題がとてつもなく大きくて重いモノになってしまいました。

自己責任として、自分の分は、自分一人で背負いなさいという話ではないです。
小さなコミュニティでかまわないから、みんなの分を、みんなで背負っていく必要があります。
それさえできれば地方の衰退なんて、そもそも問題ですらない。
下手な解決策を模索する必要すら無い。

ん~何か、まとまめだけ飛んじゃった気がしますが、そのうちまた整理して書き直します。

以上。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット