Skip to content →

今や自転車保険は必須。Docomoなら賠償金最大2億円。

このblogを読んでくださってる方なら、ご存知の方も多いでしょうが、自転車事故は増えてます。
これを受けて、警察も自転車に対する取り締まりを強化(というより、今までがいい加減すぎたんですが…)しつつあります。
さらに、自転車が加害者になった場合の被害者への賠償金も増える傾向にあります。

去年は、ついに1億円近くの賠償金を命じる判決も出されれました。

銀チャも、自転車で事故を起こした場合に損害賠償請求に応じるための保険には入っていますが、賠償金の上限は5,000万円。
今では、少々心もとない金額です。
この春にこの保険が満期になるので、次の保険を探してたのですが、ちょうと、明日(3月4日)からDocomoユーザーに提供される保険がなかなか有力です。

掛け金は月に440円なので、年間でも5,280円
それでいて、賠償金の上限は2億円。
さらに「示談交渉サービス」までが付いてきます。

これ、何気に重要なんです。
名前の通り、事故を起こした時に被害者との賠償金額の交渉を変わってくれるサービスですが、実はこれを行うのは弁護士でなければならないために、掛け金の安い保険には付かないのが普通。
年間5,000円程度の保険に付いてくるのはちょっと驚きです。

5月末までは、キャンペーンでDocomoポイントももらえるようなので、今の保険の満期に変えての加入を検討したいと思います。

Docomoユーザー限定ではありますが、今ちょうど各社がユーザー競争合戦をやってますし、MNPならかなりお得に乗り換えできそうです。

もし、自転車に乗る機会がそこそこあって、何の賠償保険にも入ってない方は、ぜひ検討してみてください。


— ads by google —

Published in いざという時のために 自転車

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。