何度も書いてますが、男鹿半島は自転車乗りとの相性は最高です。
どこを、どのように走っても、誰しもがマイペースで楽しめる最高の地域です。

ですが、唯一弱点があるとすれば、ロングライド系の標準的な距離である160km(通称センチュリーライド)の距離設定をするのは、非常に難しいというトコロ。
外周を一周しても100km程度が限界で、どうしてもどこかでぐるぐる廻したり、登った坂をそのまま下りてきたり。
男鹿半島の特色を出しながらコース設定という意味では、160kmを設定するのは難しいのが現実です。

そこで、ちょっと考え方を変えてみるのがいいと、考えてみました。
タイトルにあるように「距離」じゃなくて「獲得標高」でアピールするのも一つの方法です。

で、ルートラボで設定してみたのが以下のコース。



距離は、わずかに100kmに届きませんが、獲得標高は1,600mにものぼります。

参考までに、秋田県のサイクリング協会で主催してるセンチュリーライドイベント「行ってくーるど田沢湖」は距離こそ160kmですが、獲得標高は1,000mほど。



どーですか。
男鹿半島もロングライド&クライムコースとして、十分チャレンジグなコース設定が可能な気がしてきませんか。


160km(センチュリーライド)という分かりやすいコース設定も魅力的ですが、無理矢理コースをひねり出すよりはアップダウンが多くて、半島中心部に山がそびえる男鹿半島の特色を活かす方が得策です。
獲得標高1,600mをもっとアピールするのも、後発イベントとしてはありなような気がします。

うーん、自分のサイクルイベントでも、このコース設定試してみましょうか…入道崎、寒風山をショートカットしたコースも用意すれば、ベテラン、ビギナーさんも上手く楽しめるかも。

追記:
ちなみに、今回設定したのはあくまで獲得標高を効率的に稼ぐ方向で試しに設定したのであって、実際にイベントとして行うなら必要な場所がいくつか抜けてますので。
あそこと、あそこを入れると…ちょっと複雑になるんですが、そこは工夫しだいということで。

以上
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット